レジャー

大相撲の番付発表(2021年5月場所)

 

 2021年5月場所の番付発表が行われました。

 

 照ノ富士が大関に復帰

 怪我の影響で序二段まで番付を落とした、照ノ富士が大関に復帰しました。来場所は4大関で場所を迎えることになります。

 

 横綱は白鵬だけ

 鶴竜が引退したことにより、一人横綱となります。

 

 十両下位は負け越しているのに、番付が維持されている

 3月場所で11枚目から14枚目において、7勝8敗で負け越した力士が6人います。彼らの番付については維持されています。負け越したのに番付を維持されるのは、運がいいといえるのではないでしょうか。

 

 武将山については、一番下の番付で負け越したにも関わらず、関取の地位を守ることができました。これまでにはなかっただけに、意外な印象を受けます。

 

 90連敗中の勝南桜が自己最高位を更新

 春場所ではコロナウイルスの影響で、前相撲を取ることができませんでした。そのこともあってか、90連敗中の勝南桜の番付が大きく上がることとなりました。来場所は自己最高位で相撲を取ることになります。7戦全敗なのに、番付が上がるのは序ノ口ならではといえるでしょう。

 

 55年ぶりに横綱から十両まで新昇進力士がいない

 これについては意外な印象を受けました。誰も上がらない場所があると思っていました。

 

 まとめ

 番付は生き物といわれるだけあって、面白いなと思います。

 

文章:陰と陽

 

画像提供元 https://foter.com/f6/photo/12876216394/72cd326c4a/

関連記事

  1. 高校サッカーのスーパーシード制(地域別)
  2. 照ノ富士の大関復帰が濃厚
  3.  日本女子プロ野球リーグについて
  4. 将棋でタイトルを取る難しさ
  5. 西武ライオンズの2連覇
  6. ナイキの厚底シューズ(ヴェイバーフライ)が使用禁止になりそうだ
  7. プロ野球の展開予想(2020年9月29日時点)
  8. 2020年の日本シリーズはソフトバンクの圧勝で幕を閉じた

おすすめ記事

NMCネクスト 

障がい者雇用企業として、障がい者と共に、社会に貢献する…

ひだまり

・障害者総合支援法に基づき、適正な管理運営に関する事項を定め、利用者の意思及び人格を尊重し、利用者の…

多機能型事業所街のステーション

様々な障害や病気、悩みを抱えた方たちが集まる居場所としてありたいと思います。 仕事を通じて『働く喜び…

わーくすぺーす 大樹

障害のある人の日常生活又は社会生活を営むことができるようにその知識及び能力の向上に必要な訓練を行いま…

へいせい学園

利用者の基本的人権の尊重と個人の尊厳の擁護を図り、一人一人の思いや能力、適性に沿った福祉サービス提供…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP