時事問題

身体障碍者は、無人駅とどう向き合っていくのか

 

 「車椅子利用者がJR西日本に乗車拒否をされた」と、車イスを利用しているある女性が、自身のブログにつづりました。

 そのことについて書いていきたいと思います。

 

 旅行した当日に車椅子を持ち上げるように依頼

 車椅子生活を送っている人間のためだけに、社会が動いているわけではありません。依頼するのであれば、前もって連絡しておかないといけないような気がします。

 

 無人駅であることを調べていないのも引っかかります。インターネットで事前情報を調べておくべきだったのではないでしょうか。

 

 車椅子を持ち上げる行為そのものが危険

 階段で転倒しようものなら、大事故につながりかねません。私が車椅子生活を送っていたなら、お願いすることすらできないでしょう。JRの社員だけでなく、自分の命を奪いかねない行為です。

 

 障碍者はわがままな人が多い

 全てとはいわないものの、障碍者だから特別扱いしろという人間が多すぎます。自分のために他人を犠牲にしてもよいという考えを持っているような人は、社会から受け入れられることはないでしょう。

 

 まとめ

 バリアフリーは整備されていくと思われるものの、従業員は減少していくことになるでしょう。障碍者はその事実といかに向き合っていくかが、重要なのかもしれません。

 

 自分が車いす生活を送っているわけではないので、身体障碍者の気持ちはわかりません。ただ、将来的にありうる話なので、避けては通れない問題になりそうな予感はしています。そのときには同じような主張をするかもしれません。

 

https://news.yahoo.co.jp/articles/735e41744a2eb47c169a5e03b290b474a8dd23aa

©「JRに乗車拒否された」車イス利用者のブログに賛否 駅員の対応は問題だったのか、国交省に聞いた(J-CASTニュース) – Yahoo!ニュース

 

文章:陰と陽

 

画像提供元 https://foter.com/f6/photo/3097244791/1f2c429d9e/

関連記事

  1. 障碍者が一般会社で働く難しさ7
  2. 障碍者だからといって人生を諦めないようにしたい
  3. 自民党議員が移動自粛中に地元に戻っていた
  4. ウィキペディアにおける寄付のやり方の賛否
  5. 年収204万以上であった場合、就労定着支援も利用料がかかる
  6. 倉庫暮らしを強いられる
  7. 規制をかけ過ぎ
  8. USJにマリオがやってくる

おすすめ記事

多機能型事業所 ヴィータ

利用者が自立した日常生活または社会生活を営むことができるよう、当該利用者に対して、一定の期間にわたり…

知的障害者就労支援事業所 みさと

利用者が自立した日常生活・社会生活を営むことが出来るよう利用者対して就労の機会を提供すると共に、生産…

まごころの会

利用者がその有する能力及び適性に応じ、自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、保健、医療…

にちなんつなで

地域に根付いた福祉サービスの展開…

キャリア・サポート・パートナーズ

1 事業所は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、利用者の意向、適性、障害の…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP