レジャー

2021年4月6日の「阪神ー巨人戦」で、珍しいタイミングでコールドゲームとなった

 

 2021年4月6日の阪神-巨人戦は、7回裏が終わった時点でコールドゲームになりました。終わり方としては非常に珍しいのではないでしょうか。

 

 4月6日の試合について書いていきます。

 

 主審がコールドゲームをいきなり宣告

 雨で中断になるとしても、それなりの時間をおいてからコールドゲームになることが多いです。間髪入れずにコールド宣告するのは、あまり見たことがありません。コロナウイルス影響下なので、試合をずるずると引き延ばすといったことはしたくなかったのかもしれません。

 

 当初はコールドゲームにするつもりはなかったのかもしれない

 コールドゲームにすれば、7回表で打ち切ればいいだけの話です。7回裏の攻撃を行ったということは、9回まで試合をやるつもりだったといえるでしょう。8回表に何らかの理由があって、コールドゲームにしたと推測されます。

 

 巨人は投手を無駄に一人使うこととなった 

 8回表の攻撃が行われなかったことにより、巨人は投手を消耗するだけとなってしまいました。コールドになると分かっていたら、ピッチャー経験のある野手をマウンドに送っていたかもしれません。

 

 試合の成立する5回でコールドゲームにしてもよかったのではないか

 地面はぬかるんでいたことから、5回終了時点で試合を終えてしまった方がよかったかもしれません。7回裏まで続けてしまったことにより、後味の悪さが残ることとなりました。巨人ファン、巨人の球団関係者は納得しないでしょう。

 

 まとめ

 いろいろな要素が重なって、7回裏終了時点におけるコールドゲームになったと思います。主審の判断については責められないものの、一言あってもよかったのではないでしょうか。

 

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6389967

©降雨コールド 虎ファンも批判 – Yahoo!ニュース

 

文章:陰と陽

 

画像提供元 https://foter.com/f6/photo/30005156786/5b5e6305ce/

関連記事

  1. 10万円を支給する方向で調整が進んでいる
  2. 特定給付金詐欺に気をつけよう
  3. 落ちても這い上がればいい【大相撲編】
  4. ドコモで顧客を侮辱したメモが渡された
  5. 来年の選抜の甲子園出場校予想
  6. 西武が本拠地開催の試合で障碍者割引を行う(当日限定)
  7. Jリーグの三浦知良選手が後半のロスタイムに出場(2021年3月)…
  8. 今年は旅行、ライブ、スポーツ観戦などが難しいかも

おすすめ記事

博多区第1障がい者基幹相談支援センター

利用者がその有する能力及び適正に応じ、自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、当該利用者…

セルプ清浄

運営理念:学園の使命と目的を認識し、全員協働してもって福祉の向上をはかり社会の要請に応える。 利用者…

館林市相談支援事業にこにこ

世界の国と国旗☆第18回目 インド共和国

皆様こんにちは!桐谷 凛花(きりたに りんか)です。第18回…

株式会社山形包徳福祉事業部

利用者が自立した社会生活を営むことを指針とする。 ①就労に必要な知識・能力取得に向けた訓練指導 ②知…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP