時事問題

マスクをせずに契約を打ち切られた男性が会社を提訴

 

 アトピー性皮膚炎で勤務中にマスクをしなかったとして、40代のコールセンターの男性社員が契約を打ち切られました。男性社員側は不当解雇であると、雇止めとなった会社を訴えています。

 

 コールセンターは唾が飛び交うところ

 マスクをすれば窒息死する、皮膚の見た目が極端に変わるといったことがない限り、勤務中のマスクは必要ではないでしょうか。コールセンターといった声の飛び交う環境においては、なおさらかなと思います。

 

 マスクをつけられない人を雇い続けるのは難しいかもしれません。

 

 肌に刺激がないマスクを探したのか

 アトピー性皮膚炎であったとしても、付けられるマスクはあるのではないでしょうか。全てのマスクをひととおり試さなくてはならなかったのかもしれません。

 

 筆者もアトピー性皮膚炎ですけど、勤務中にマスクはしています。アトピーであってもできるマスクはあるのではないでしょうか。

 

 マスクを着用しなくてもよい業種を探した方がいい

 テレワークなどではマスクをつける必要はありません。コロナ下においても、マスク着用をしなくてもよい会社を探した方がよいでしょう。

 

 会社は一人のためにあるのではない

 会社は色々な人のためにあります。個人プレーを主張する人間は、組織においては尊重されないでしょう。

 

 まとめ

 組織に属する限り、会社のルールを守るのは必須になるでしょう。自分のやりたいようにしたいなら、独立すればいいと思います。

 

https://news.yahoo.co.jp/articles/9ca3ee00ca97e92351dd59467355561eab0be35e

©「皮膚炎でマスク着けられず解雇されたのは不当」KDDI子会社の契約社員の男性が提訴(読売テレビ) – Yahoo!ニュース

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 同姓同名の候補者に投票する場合の注意点
  2. 落ちても這い上がればいい【大相撲編】
  3. 免許返納にこぎつける難しさが事故を招く
  4. 香川県が依存症対策としてゲーム時間を制限する条例を可決
  5. NHKの受信料は2020年10月より値下げ
  6. コロナウイルスが急激に広がりを見せている2
  7. 女性が過激なストーカーを受けた場合、正当防衛で始末する権利を付与…
  8. 東京マラソンに72000人の観客が集まった

おすすめ記事

はたのさと

・労働を通して社会と繋がっている事を実感し、協力する喜びや頑張ったあとの達成感、「新しい自分の発見」…

就労継続支援事業所そら

Works−SCS 笹谷

ファースト

障害者支援施設 P.P.P.BBチャレンジャー!

就労訓練のためのリハビリテーションメニューを充実させる。また、利用者と地域生活者との交流会を企画し、…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP