時事問題

マスクをせずに契約を打ち切られた男性が会社を提訴

 

 アトピー性皮膚炎で勤務中にマスクをしなかったとして、40代のコールセンターの男性社員が契約を打ち切られました。男性社員側は不当解雇であると、雇止めとなった会社を訴えています。

 

 コールセンターは唾が飛び交うところ

 マスクをすれば窒息死する、皮膚の見た目が極端に変わるといったことがない限り、勤務中のマスクは必要ではないでしょうか。コールセンターといった声の飛び交う環境においては、なおさらかなと思います。

 

 マスクをつけられない人を雇い続けるのは難しいかもしれません。

 

 肌に刺激がないマスクを探したのか

 アトピー性皮膚炎であったとしても、付けられるマスクはあるのではないでしょうか。全てのマスクをひととおり試さなくてはならなかったのかもしれません。

 

 筆者もアトピー性皮膚炎ですけど、勤務中にマスクはしています。アトピーであってもできるマスクはあるのではないでしょうか。

 

 マスクを着用しなくてもよい業種を探した方がいい

 テレワークなどではマスクをつける必要はありません。コロナ下においても、マスク着用をしなくてもよい会社を探した方がよいでしょう。

 

 会社は一人のためにあるのではない

 会社は色々な人のためにあります。個人プレーを主張する人間は、組織においては尊重されないでしょう。

 

 まとめ

 組織に属する限り、会社のルールを守るのは必須になるでしょう。自分のやりたいようにしたいなら、独立すればいいと思います。

 

https://news.yahoo.co.jp/articles/9ca3ee00ca97e92351dd59467355561eab0be35e

©「皮膚炎でマスク着けられず解雇されたのは不当」KDDI子会社の契約社員の男性が提訴(読売テレビ) – Yahoo!ニュース

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 2021年の駒澤大学の10区の選手が逮捕
  2. 過労死を防ぐために
  3. 会社をすぐにやめる新卒
  4. 激甚災害とは?
  5. オリンピックの一部競技の開催場所が変更される
  6. 最低賃金は11年ぶりに据え置かれる確率が高い
  7. 幕下で6勝1敗力士同士の優勝決定戦が行われる(2021年1月場所…
  8. コロナウイルス感染で志村けんさんが亡くなった

おすすめ記事

社会福祉法人 同胞会 同胞の家 

人を助けるプロや素人に関わらず、傷つき困っている人の良き隣人となれるように行動します。…

作業所はりまっ子福崎店

利用者本位の運営、役職員と利用者の共生・共用、利用者への合理的配慮…

松伏町立かるがもセンター

利用者の意思と人格を尊重し、常に利用者の立場に立って、利用者の自立と社会経済活動への参加を促進するた…

福祉コミュニティカフェ 亀吉

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、利用者の皆様に対して就労の機会を提供する…

Sora

指定就労継続支援(B型)の事業は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、障害者…

新着記事

PAGE TOP