レジャー

思い出のあるスキー場の閉鎖

 

 小中学校時代に利用したことのあるスキー場が閉鎖しました。今回はその話について書いていきたいと思います。

 

 小学校時代にスキーの授業で何度か利用した

 スキーの授業などで数回利用しました。上のコースは上級者向けで、滑って降りるのは大変だったのを覚えています。

 

 他のコースについては初心者向けだったと記憶しています。

 

 徐々に経営が苦しくなっていた

 スキー人口の減少なのか。平日については一人体制でやっていくという話を聞きました(休日は二人)。当時は意味が分かっていなかったものの、スキー人口の減少を意味していたのかもしれません。

 

 経営が苦しくなっていったのは、土地柄が影響しているように思います。遠方からお出かけするにしても、他のスキー場の方が近く、こちらを利用する必要性は薄かったのかもしれません。

 

 最後の方は特定の曜日だけ営業していた

 顧客の見込める金・土・日だけの運用となっていたみたいです。月曜~木曜までは採算が見込めないので、雪があってもオープンしていませんでした。限定運用になった時点で、閉鎖は近かったように感じます。

 

 今後のスキー場はどうなっていくのか

 近年は赤字のスキー場が多くを占めているため、閉鎖するスキー場は多いと思われます。幼少期に利用したことのあるスキー場がなくなるのは寂しいですね。

 

 時間が許すならば、思い出の場所に行ってもいってみるとよいでしょう。幼少期の気分を思い出せるかもしれません。

 

文章:陰と陽

 

画像提供元 https://foter.com/f5/photo/33571288518/5aff67862d/

関連記事

  1. 羽生九段はタイトル100期獲得なるか
  2. 西山朋佳女流三冠の奨励会退会が近づいている
  3. 中七海さんが女性として3人目の三段リーグ参戦
  4. 西山朋佳奨励会三段の第68期の四段昇格が消滅
  5. 落ちても這い上がればいい【大相撲編】
  6. 白鵬、鶴竜が休場届を提出
  7. 大相撲の阿炎が引退届を提出
  8. 関取昇進の明暗を分ける番付半枚の差

おすすめ記事

活動支援施設 あけぼの

一般就労は難しい人や長期間職業訓練が必要な障がい者に対し、授産活動を通して工賃を支給することで社会参…

コンビニのおでんの方向性が変わる

 コンビニにおいて、おでんの販売が縮小もしくは中止される可能性が浮上している。 …

Future Dream Achievement 川崎

 障害や病気(手帳の有無に関わらず)による就労困難者それぞれの特性に寄り添った支援を通じて、一人ひと…

ハッピーウェーイ

1.  利用者の意向、適正、障害の特性その他の事情を踏まえて就労継続支援A型計画を作成し、これに基づ…

就労継続支援(A型)事業所 ピース 本町

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP