美容

女性はなぜ化粧をするのか

 

 『日本では女性が化粧をする習慣がある』

 女性の多くが、面接、仕事、結婚式などにおいて化粧をします。
 一部の女性は家にいるときであっても、化粧品を使用します。日本において、化粧の習慣は根強いといえるでしょう。

 

 日本に化粧をしなくてはいけない法律はない

 女性は化粧をしなければならないという法律はないにもかかわらず、化粧をすることが半ば義務付けられているような印象です。コロナウイルスにおける、マスク着用の空気と似ているかもしれません。暗黙の了解で相手を縛ろうとする、日本人らしさといえるでしょうか。

 顔の原形をとどめないくらいに化粧品を塗りたくっている
 女性はおでこ、頬、口紅などに化粧品を塗りたくっています。人によっては顔が変わっているかのように見えることもあります。化粧できれいになりたいのでしょうけど、やりすぎている印象を持ちます。顔の原型くらいは残しておいてほしいものです。

 

 化粧をすることで劣化が激しくなるし、年上に見える

 化粧には添加物が大量に含まれています。丁寧なケアをしないと、肌を傷めてしまいかねません。長期的にはマイナスに作用することになるでしょう。
 
 化粧をすると綺麗に見えるというより、大人っぽい印象を受けます。実年齢よりも年上に見られることに、抵抗感はないのでしょうか。
 
 

 男性は化粧をしている場面を見たいわけではない

 日本人の過半数は女性に化粧をすることを求めていません。女性自身が化粧をしなくてはいけない、という思い込みに苛まれているのかもしれません。

 化粧をどれだけ綺麗にしているかというより、人間性の方が遥かに重要です。化粧で顔を隠しても、醜い本性は消えることがありません。

 

 化粧が濃すぎると、自信がないもしくは自己主張の強い人間に見える

 ちょっとくらいの化粧ならいいですけど、唇を真っ赤にぬる、肌をファンデーションで真っ白にする女性もいます。元々の顔に自信がない、他人よりも目立ちたいという印象を持つので、男性としては避けようとする心理が働きます。

 

 まとめ

 日本の女性の多くは化粧をしており、化粧をしない人は少数派です。100年後、200年後も化粧文化は続いていくかもしれません。

 

文章:陰と陽

 
画像提供元 https://foter.com/photo4/make-up-brushes-and-powder/

関連記事

  1. 耳毛の処理方法

おすすめ記事

太陽就労自立訓練センター

エール

利用者が自立した日常生活または社会生活を営むことが出来るよう、就労の機会を提供するとともに、生産活動…

相談室にちにこ

障がい者及び障がい児がその有する能力及び実態に応じ、自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよ…

ヒューマンインターフェイス株式会社

共働作業所「夢工房」

「明るく・楽しく・生き生きと」をモットーに、利用者個々人の特性に応じて、安心して、楽しく事業所を利用…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP