健康

私がアルコールを飲まなかった理由

 

 大人になってもビールを飲まない生活を続けています。どうしてそのような生活を送っているのかを書いていきます。

 

 ビールがそもそもおいしくなかった

 20歳を迎えてから、ビールを数回飲んだことがあります。苦いだけで、おいしいと感じることはありませんでした。

 おいしいと思わないのですから、ビールに手を出さないのは当然です。

 

 アルコール中毒になりたくなかった

 アルコール中毒になると、ビールを毎日のように飲むこととなります。ビールを手放せない生活になるのが嫌なので、ビールを飲む習慣をつけませんでした。

 アルコール中毒になると月に2~3万円のお金が飛びます。健康になれるのならいいけど、肝臓などをいためるリスクを高めます。お金を払って、不健康になるのでは割に合いません。ストレス解消のためだというなら、趣味を見つけた方がよっぽどいいでしょう。

 

 アルコールは人を悪い方向に変える(本性をさらけ出す)

 アルコールによってしまうと、人間性が変わってしまいます。普段は温厚な人であっても、アルコールの勢いで暴言などを吐いてしまいがちです。ごくごく一部には逮捕される人もいます。

 アルコールを飲む人がダメとはいわないけど、人が変わってしまうのであれば飲まない方がいいと思います。

 

 アルコールの反面教師がいた

 アルコールを飲むことによって、人が変わったうえ、健康を害した人を見てきました。私はあんなふうになりたくないと思い、アルコールと無縁の生活を送っています。

 

 まとめ

 酒を飲むのは個人の自由なので、好きにすればいいと思います。ただ、人が変わる、健康を害することになるのであれば、やめた方がいいかもしれません。車の運転をすると、飲酒運転になるので絶対にやめましょう。

 

文章:陰と陽

 

画像提供元 https://foter.com/f5/photo/4692473029/44ff2a25f4/

関連記事

  1. 社内では八分目を心がけよう
  2. 京阪電車の変則運用(2021年の新ダイヤ)
  3. 猫からうつる病気は子供の成育などに悪影響を及ぼすこともある 
  4. リンゴの一個当たりの価格が、一部の桃を上回る異常事態
  5. 最近良く聞く言葉、「ソーシャルディスタンス」とは?
  6. 子育てについて5
  7. 近所の公園で野球、サッカーで遊ぶ子供を見なくなった
  8. 京阪の快速急行に「プレミアムカー」導入

おすすめ記事

ポッポ

チーズケーキの天婦羅を食べてみた

 アイスクリームの天婦羅は耳にしたことがあったけど、チーズケーキを天婦羅にするという…

すずな事業所 

利用者が自立した日常生活または社会生活を営むことが出来るよう、就労の機会を提供するとともにその知識及…

フルスマイル相談支援事業所

就労定着支援事業所 ウェルビー本厚木駅前センター

事業所は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、利用者の意向、適性、障害の特性…

新着記事

PAGE TOP