福祉・医療

発達障碍者は、支援者の変わる支援センターに登録しない方がいい

 

 発達障碍者は支援者のコロコロ変わる、障碍者支援センターは避けた方が無難です。どうしてなのかを下記に挙げます。

 あくまでも、筆者の個人的な見解だということを前提にして読んでください。

 

 支援者の相性によって評価が変わる

 障碍者は健常者よりも相性は激しくなっています。支援者がコロコロ変わってしまうと、一緒にいるのも苦痛な支援員と当たる確率は上昇します。利用者にとっては、何のために登録しているのかわからない状況になってしまっては意味もありません。

 

 引継ぎが意味をなさない

 ハローワークで同じ担当者から、引継ぎをきっちりとしているとは思えないほど、評価が異なるという話を聞きました。支援者ごとに評価が割れてしまっては、まともな支援は期待できません。

 

 支援者のやり方に振り回される

 発達障碍者は変化をするのを得意としていません。支援者といってやり方は千差万別なので、振り回されることになってしまいます。

 発達障碍者の特性上、一人の支援員と一緒にいるのが望ましいでしょう。

 

*発達障碍者として避けたい支援員(支援機関)

 大きなセンターで、職員が転勤するようなところは避けましょう。登録せずに一人で活動するのも、選択肢に入れてよいかもしれません。

 相性の悪いのも論外です。こちらになった場合、即刻交代させましょう。

 

*障碍者のことはわからなくとも、肯定的にとらえてくれる人と一緒に動きましょう。特性のことを理解できて、相性が良ければいい方向にいく確率はぐっとあがります。皆さんの人生が好転することを切に願います。

 

 文章:陰と陽

 

画像提供元 https://foter.com/photo4/star-universe-night/

関連記事

  1. e-ラーニングで障碍者向けのプログラムを学べる
  2. 障碍者支援機関との関係を切るのを最終目標にしよう
  3. 身体障碍者は、無人駅とどう向き合っていくのか
  4. 善意ほど怖いものはない
  5. きっちりとした教育を行わないと、レベルの低い人間が増えていく
  6. 就労移行支援を在宅で行う事業所が増えている
  7. 交通費を全額負担、資格試験は無料の就労移行事業所の紹介
  8. パートナー、心を寄せられる人が一人ずついればいい(障碍者向け)

おすすめ記事

ヒューマングロー錦糸町

通過型の施設であり、就労の準備段階として希望に沿った職種に就けるよう作業を提供すると共に安定した通所…

ピアワーク・オアシス

工房 結

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、就労の機会を提供するとともに生産活動その…

南医療生協就労継続支援B型ま〜るいところ 

①施設は、利用者に対して、その自立と社会経済活動への参加を促進する観点から、施設外就労も活用しながら…

ゆたか希望の家

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、当該利用者の心身の状況、その置かれている…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP