時事問題

女性が過激なストーカーを受けた場合、正当防衛で始末する権利を付与するのはどうか

 

 ストーカー被害で命を絶たれる女性は後を絶ちません。

 

 ストーカー被害だけであったとしても、大きな精神的苦痛を生みだします。そのうえ、命まで奪われてしまっては元も子もありません。被害者救済の制度を整えるのは急務だと思います。

 

 過激なストーカーについては、正当防衛で相手を殺害してもよいという法律を作ってみてはいかがでしょうか。ストーカー被害は大幅に減少し、男女関係に悩む人を減らせるのではないでしょうか。

 

 他人の命を奪うのは、さすがにやりすぎという意見もあると思います。ただ、ストーカーになりやすい人間に話は通じません。平和的解決を望める確率は限りなく、0に近いのではないでしょうか。過去に戦争を起こしてきた人間たちと同じく、気に入らないから殺せばいい理論を持っています。

 

 人の命を奪うことですので、むやみに権利を与えたら治安は乱れます。一方的に殺害してもよいとなると、気に入らない人間をストーカーとして始末することもできてしまいます。デッキあげをした場合、禁固50年以上もしくは死刑という厳しい厳罰を科すことも必要になるでしょう。

 

 正当防衛できないのであれば、ストーカーを離島に置く方法もあります。被害者に絶対に接することのできない状況を作り出さなくてはなりません。この手の人間は生きている限り、しつこく追い回してきます。

 

 ストーカーで大事な命を奪われないよう、法律の整備を求めたいものです。一度失われた生命は二度と戻ってきません。

 

*こんな法律を作らなくとも、健全な社会を目指していきたいものです。ストーカー被害に遭う人間が減少することを心から祈ります。

 

文章:陰と陽

 

 

関連記事

  1. 罰則付きの外出制限
  2. 阪神の選手が書類送検された
  3. ナイキの厚底シューズ(ヴェイバーフライ)が使用禁止になりそうだ
  4. ラグビー日本代表のユニフォーム 本当は「単色」にしたかった!
  5. 東京マラソンの対応について
  6. 裁判員裁判の判決が覆る(死刑→無期懲役)
  7. メダルを拒否した心理を想像してみた(ラグビー)
  8. 日本郵便の不適切投信販売について考える

おすすめ記事

わかふじ

利用者の心身の状況、その置かれている環境、その他の把握に努めます。 2 地域や家族との結びつきを重視…

正月限定となっている3000系急行列車の全線運用

 京阪電車における8000系、3000系列車における全線走行(出町柳↔…

就労支援事業所みつばちベーカリー

当法人は、関係法令を遵守し、他の社会資源との連携を図った適正且つきめ細やかな就労継続支援B型のサービ…

相談支援事業所てくてく

1 事業所は、利用者等が地域において自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、保健、医療、…

自立生活センターFlat・きた

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP