就労

雇用保険の給付制限は、2020年10月1日より2ヵ月に短縮される

 

 雇用保険の給付制限は2020年10月1日より2ヵ月となります。これまでは3ヵ月だったため、1か月間短くなります。

 

 以前よりも早く受給できるようになることで、心に余裕を持たせやすくなります。新しい就職活動に向けて、プラスの影響をもたらすでしょう。

 

 雇用保険は給付制限以外においても、制度を変更されています。以前は離職票を持っていかなければ、雇用保険の手続きを行うことはできませんでした。現在は退職日を証明する書類を持参することによって、退職日の翌日から雇用保険の仮手続きをできるように制度が変更されました。受給できるまで二週間程度の短縮となります。

 

 二つの要素を合わせると、受給するまでの待機期間は2ヵ月と1週間となります。数年前までは4カ月近くかかっていただけに、待機期間は半分まで短縮されました。退職後のお金に困る人にとっては朗報といえるでしょう。

 

 注意事項として挙げられるのは、2ヵ月の給付制限は5年間で2回までしか適用されないことです。5年以内に3度目の退職を行った場合は、従来と同じく3ヵ月の給付制限期間となります。

 

 2020年の10月1日以降の退職に適用されることも覚えておきましょう。9月30日以前の離職であった場合は、従来通り3ヵ月の給付制限を課されます。(後で退職した離職者の方が早く雇用保険をもらうことになる)

 

 自己の責めに帰すべき重大な理由で退職した場合の給付制限期間は、これまでどおり3ヵ月となります。10月1日以降であったとしても、従来通りとなります。

 

 雇用保険の制度はときどき変更されます。定期的にチェックすることにより、自分に損のないようにしていきましょう。

 

ハローワークのURLを張り付けておくので、詳細を知りたい場合はこちらを確認しましょう。

 

https://www.hellowork.mhlw.go.jp/help/question05.html#:~:text=A5.,%E4%B8%80%E5%BE%8B%E3%81%AB%E9%81%A9%E7%94%A8%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%BE%E3%81%99%E3%80%82

©よくあるご質問(雇用保険について) – ハローワーク …

 

文章:陰と陽

 

 

関連記事

  1. 一般人は社会を維持する適正はあっても、開発などには向かない
  2. 自民党議員が移動自粛中に地元に戻っていた
  3. 春から新社会人となる人達へ
  4. 同僚との飲み会は必要なのか?
  5. 才能を持つ人は仕事が転がり込んでくる
  6. スキー場の63パーセントは赤字経営
  7. 規制をかけ過ぎ
  8. 雇い主は従業員をどのように見ているのか

おすすめ記事

地域生活支援センターらいふ

利用者等の意思及び人格を尊重し、常に当該利用者等の立場に立って行うとともに、利用者が自立した日常生活…

障がい者相談支援センターあしすと

利用者がその能力及び適正に応じ、自立した日常生活又は社会生活を営む事ができるよう、事業者が利用者に対…

加美町障害者自立支援センター

一般就労を希望する対象の利用者等に事業所内や企業における作業や実習、適正に合った職場を探し、就労後の…

就労継続支援A型かえで

チャレンジド・アソウ大阪事業所

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP