健康

リーゼを減薬してみた

 

 筆者は精神安定剤のリーゼの減薬に取り組んでいます。

 

どうしてこのようなことをしているのかというと、薬の効いている実感がない、飲むことによって反発しないようにするためです。薬で強引に抑え込んでしまうと、体はどこかで反発してしまいます。メンタルを安定させるための薬で、情緒に支障をきたしてしまっては元も子もありません。

 

 一気に減らすと禁断症状が出やすいため、少しずつ減らすように心がけましょう。医者からは5~10パーセントを2週間ほどかけるとよいといわれました(医者によって異なるので、あくまで参考だと思ってください)。

 

 リーゼの服薬量を半分程度まで減量しました。もともときつい薬ではないこともあって、副作用については特に出ていません。このまま減薬を続けていき、3~4か月後にはリーゼに頼らない生活を取り戻せるように頑張っていきたいです。

 

 リーゼを完全に飲まなくなったあかつきには、どのようにして薬をやめたのかを記していきたいと思います。健康にどれほどメリットがあるのかも語ってみたいです。

 

*個人差もあるので減薬はくれぐれも慎重に行いましょう。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. ショートショート『高齢者施設に変化』
  2. 障碍者福祉における支援者側の課題
  3. 小説:『知的障碍を発症した女性は、入院先で少女と出会う 上』
  4. マシンガントークの傾向がある人
  5. 発達障碍支援で行われるのは人間否定、業務放棄
  6. 発達障碍に向く仕事、向かない仕事
  7. 受診しなくとも薬を処方される措置が一時的に講じられている
  8. ハンデを抱えたことを嘆かないように(ピアノ)

おすすめ記事

プラネット越谷

障害福祉の円滑な運営管理を図ることを目的とする。 【運営方針】   事業所は、利用者が自立した日常生…

羽後のうさん

事業所は、利用者が自立した日常生活または社会生活を営むことができるよう障害者総合支援法施行規則第22…

東米里菌床センター

安定した菌床製造と従業者・利用者の作業提供、工賃の向上 コストの削減を図ると共に利益の追求 菌床販売…

障害者生活支援センター 所沢しあわせの里

『人権と個性を大切にする』 障害のある方が、安心して活き活きと生活できるように、寄り添ったサポートに…

エルサポート パノラマ 

① 利用者が地域の中で安心して豊かな生活が送れるように支援します。 ② 利用者の「考える力」を大切に…

新着記事

PAGE TOP