健康

リーゼを減薬してみた

 

 筆者は精神安定剤のリーゼの減薬に取り組んでいます。

 

どうしてこのようなことをしているのかというと、薬の効いている実感がない、飲むことによって反発しないようにするためです。薬で強引に抑え込んでしまうと、体はどこかで反発してしまいます。メンタルを安定させるための薬で、情緒に支障をきたしてしまっては元も子もありません。

 

 一気に減らすと禁断症状が出やすいため、少しずつ減らすように心がけましょう。医者からは5~10パーセントを2週間ほどかけるとよいといわれました(医者によって異なるので、あくまで参考だと思ってください)。

 

 リーゼの服薬量を半分程度まで減量しました。もともときつい薬ではないこともあって、副作用については特に出ていません。このまま減薬を続けていき、3~4か月後にはリーゼに頼らない生活を取り戻せるように頑張っていきたいです。

 

 リーゼを完全に飲まなくなったあかつきには、どのようにして薬をやめたのかを記していきたいと思います。健康にどれほどメリットがあるのかも語ってみたいです。

 

*個人差もあるので減薬はくれぐれも慎重に行いましょう。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 健常者は障碍者にベターを目指せといいながら、やっていることは全く…
  2. メンタルヘルスの本の出版に携わるA型作業所
  3. A型で在宅勤務を取り入れている作業所もある
  4. 利用者と支援者の距離感【障碍者編】
  5. 大人の発達障碍
  6. 体に良い油って一体?
  7. 障害のある方でも福祉関係の仕事で働けるのか⁉
  8. 違和感のある支援者の発言

おすすめ記事

HOPEオフィス北浜

関係法令を遵守し、他の社会資源との連携を図った適正かつ、きめの細かな就労移行支援のサービスを提供しま…

有限会社 輝ケアーセンター39

事業所は、利用者等が居宅において自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、当該利用者等の身…

大分市障がい者相談支援センター きぼう21

多様な福祉サービスがその利用者の意向を尊重して総合的に提供されることにより利用者が個人の尊厳を保持し…

あいあいファーム わ・は・わ田尻

この法人は、社会福祉事業の主たる担い手としてふさわしい事業を確実、効果的かつ適正に行うため、自主的に…

いつも大人はウソをつく 2

『いつも大人はウソをつく 2』『過去には…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP