福祉・医療

高次脳機能障碍者向けの就労移行支援事業所

 

 高次脳機能障碍とは脳に損傷などにより、記憶、注意、遂行機能、識見当式などの症状を引き起こします。(個人差あり)

 

 見た目にはわかりにくい障碍であるため、周囲からは識別できません。障碍者であることを打ち明けたとしても、そのようには見えないといわれることも少なくないでしょう。

 

 支援が十分なのかといわれると、完全にNOかなと思います。健常者と呼ばれる支援員では特性を理解できないため、話しすらままなりません。そのことによって、社会的孤立を深めていくこととなるでしょう。

 

 社会で孤立しやすい、高次脳機能障碍者のための就労移行事業所を見つけました。通所者を高次脳機能障碍の症状に絞っているため、サポートを受けやすくなっています。

 

 就職者情報も掲載されており、就職について調べることもできます。(求職者中の復職支援についても行っている模様)興味のある方はご覧ください。

 

 高次脳機能障碍で悩んでいる方は通所を検討してみてはいかがでしょうか。同じ苦しみを持つ仲間と切磋琢磨することで、道を切り開いていけるかもしれません。

 

 高次脳機能障碍者向けの事業所、ホームページを下記に記します。

 

 事業所名

 レジリエンス(東京都国立市国立市中1丁目14-6 市野沢ビル3階)

 

 ホームページ

 https://cswjapon.wixsite.com/mysite

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 介護業界を目指す方が最初に取得する資格
  2. 仕事のヒントになるサイト
  3. 松本俊彦『薬物依存症』(ちくま新書):ケアを考えるシリーズ4作目…
  4. 支援者と知的障碍(発達障碍)は見ている世界が違う
  5. 成功するのに必要なのは才能よりもストイックさ
  6. 障碍者がいわれたくない言葉:パート1
  7. 発達障碍者向け恋愛サイトがある
  8. ふるさと納税のお礼として届ける「水耕ニンニク」を自家栽培するA型…

おすすめ記事

『卒業』―悲しみは、笑顔になれる魔法―

卒業は…別れじゃない。新たに出会える…&…

ピアネット

地域・行政・他分野と連携を図りながら利用者の立場に立ったサービスの提供に努める。…

あさひケアネット

杉の子

1 事業所は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、通常の事業所に雇用されるこ…

ユートピア

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、通常の事業所に雇用されることが困難な利用…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP