福祉・医療

就職率の高い就労移行支援事業所(B型作業所併設)の紹介

 

 今回は東京板橋区にあるftlビジネス・スクールについて紹介します。

 

 ftlビジネス・スクールは就労移行支援事業において、高い就職率を誇っています。2017年現在で平均27パーセントなのに対し、75パーセントという就職実績を誇ります。平均の3倍近い就職率を達成していることから、就労に対して力を入れているのを感じます。

 

 10代の方も就職していることから、卒業後に選ばれることもある事業所といえるでしょう。自分の人生を託せるだけのものを持っている可能性はあります。

 

 通所の対象者は知的障碍者、発達障碍者を中心としています。(事業所の特性を生かせそうな人なら利用の対象となる模様)知的障碍、発達障碍は一部で同じような性質を持っていることから、支援対象をしぼっているといえるでしょう。(障碍を限定することにより、特化した支援を目指しているのかもしれない)

 

 1年後の定着率も93パーセントと高い実績を誇ります。定着支援にも力を入れることにより、継続できる環境を整えているのを感じました。

 

 東京の板橋区で通えそうな地域に住んでいる方は、通所を検討してみてはいかがでしょうか。

 

 ホームページのサイトを下記に記します。

 http://www.ftl-1.co.jp/lp/recruit/

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 職場の環境によって、社員の命運を左右する
  2. 障碍者は口だけにならないように
  3. 支援の充実している就労移行支援事業所の紹介
  4. 誰にも長所はある【障碍者編】
  5. ハローワークにサポーター(障碍者向け)が配置された
  6. E型肝炎ウイルス(HEV)は死ぬ事もある怖い病原体
  7. 精神科の口コミ情報はあたっているのか
  8. 障碍者同士であっても、分かり合えないことは多い

おすすめ記事

才能を持つ人は仕事が転がり込んでくる

 世の中の99パーセント以上は、数多くの面接を受けて採用先を確保する。数は人によって…

海萌

守口市立わかたけ園

1.利用者のかかえる生活上の困難、課題を明らかにし解決のための支援を行うことを目的とします。 2.障…

キャスト加古川

関係法令を遵守し、関係市町村、地域保健・医療・福祉サービス機関と連携を図り、総合的なサービスの提供に…

多機能型事業所クリエイト

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、利用者の意向、適性、障害の特性その他の事…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP