福祉・医療

佐賀県の名産を使用してお菓子を作っているB型作業所

 

  佐賀県で自家栽培した野菜を用いて、お菓子を作っている事業所(ワートビア天山)を紹介します。

 

 ワートピア天山では野菜を練りこんだ、「かりんとう」を作っています。お菓子として食するイメージは強いだけに、斬新なアイデアだと思いました。なお、「かりんとう」に練りこむ野菜には、かぼちゃ、よもぎ、モロヘイヤなどといった健康的な食材を用いています。

 

 野菜を練った「かりんとう」は食べたことはないので、イメージはまったくわきません。野菜本来の甘味を感じる仕組みになっているのかもしれません。

 

 佐賀産の白米、玄米を用いて、「ポン菓子」を作っています。wikiによると現在の日本では、「ポン菓子」の製造を見られる機会は減少しているようです。そんな中において、貴重な体験をする機会を得ることができます。

 

 地元の商品でお菓子作りをしてみたいと思ったなら、見学を申し込んでみてはいかがでしょうか。

リアルで見ることにより、いろいろなことを学べると思います。

 

*事業所及びホームページをあげます。

 

 事業所

 ワークピア天山(佐賀県小城市小城町晴気西福寺1787番地2)

 

 ホームページ

 http://workpia-tenzan.com/  

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 障碍者支援は「営業事務職」の側面が強い
  2. 脳性麻痺があっても前に進み続ける
  3. 伊藤周平『社会保障入門』(ちくま新書):ケアを考えるシリーズ3作…
  4. 勉強をゲーム感覚で行える発達障碍が真の一流となる
  5. 障碍者として生まれたために失ったもの
  6. A型作業所の給料、B型作業所の工賃はどれくらいなのか?
  7. 利用者一人一人と向きあえるように、定員をしぼる福祉事業所がある
  8. 障碍者枠で働いている人に対する一般人の評価

おすすめ記事

怖い話『おじいさんが寝てるんや』

わたしが小学生の頃の話。隣町に小さな空き地を見つけました。その空き地は2階建…

未来工房 琴似駅前

事業所は利用者が自立した日常生活または社会生活を営むことができるよう 当該利用者を雇用して就労の機会…

野菜が値下がりしている

 暖冬の影響で野菜が値下がりしているようだ。例年に比べて白菜やキャベツが多く取れすぎ…

鹿児島太陽の里

事業所は、利用者の意思及び人格を尊重し、常に利用者の立場に立って自立した日常生活及び社会生活を営むこ…

えるえる

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP