サスペンス・ホラー

怖い話『農道のトイレ』

 

ある日、わたしは夢を見ました。

それは農道脇にある、ボロボロの掘っ立て小屋のトイレで用足しをしている夢でした。

隣を見ると、同じく用足ししている農作業の人がいました。

夢はそれだけで醒めました。

わたしは目が覚めるなりハッとして飛び起きて、布団を確かめました。

 

  • まさかこの歳で?! -

 

幼い頃に用足ししている夢を見たときに、オネショをしていたことがあったからです。

布団は濡れていませんでした。

 

それから数日後、仕事で同僚と車で移動中の時のこと。

途中、車を停めトイレ休憩に入りました。

わたしは農道脇のボロボロの小屋のトイレを見つけました。

 

入っていくと、先客がいました。

地元の農作業の人でした。

 

  • この前の夢もこんな感だったな -
  •  

と思いながら隣で用足しをしていると、その人が話しかけてきました。

 

「この前は大丈夫でした?」

 

「え?!」

 

「わたしは・・・」

 

そう言うと、その人は深いため息をひとつつくと、しきりに首を横に振りながらトイレを出て行きました。

 

文章:百百太郎

 

 

関連記事

  1. 怖い話『握り返してきた手』
  2. 怖い話『電車内のいたずらっ子』
  3. 怖い話『上に行くよ』
  4. 怖い話『ガラス越しのポスター』
  5. 怖い話『ちょっと通りますよ』
  6. 怖い話『ウォータースライダー』
  7. 怖い話『取りに来て』
  8. 怖い話『戻ってきたのは誰?』

おすすめ記事

ピース

利用者の社会経済活動への参加を促進するために、知識及び能力の向上に努める。 また、地域や家族との結び…

就労定着支援事業所 花椿かがやき(いろは)

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、利用者に対してサービスの提供に努めるもの…

ウェルビー藤沢第2センター

事業所は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、利用者の意向、適性、障害の特性…

TOMOS

事業所は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、利用者の意向、適性、障害の特性…

konoka

新着記事

PAGE TOP