福祉・医療

B型作業所の工賃の差はあり、なし?

 

  沖縄県のB型作業所で、工賃を9段階に分けて支給しているのを発見しました。(事業所名はジョブきらめきで時給は200~600円以上と記されている)

 

 3倍以上の差のある能力給を定めているのは、利用者のモチベーションを上げるためかと思われます。働いても働かなくても同じ金額を支給されるのであれば、怠ければ怠けるほど得することになってしまいます。これでは生産性の高い作業は期待できません。

 

 工賃に幅を設けることにはマイナスの要素もあります。能力の低い利用者の工賃は必然的に低くなるため、劣等感にさいなまれるでしょう。一般会社で低い扱いを受け、障害者施設においても不利益を被るれば、内部分裂の種になりかねません。

 

 利用者は平等にお金をもらうべきという考えからか、工賃を固定としているところもあります。こういう場所では能力の低い利用者は得する反面、仕事のできる利用者は損をすることになります。(たくさんの仕事を押し付けられることになるため)

 

 こういった場所においては、仕事のできる従業員はモチベーションを失いやすくなります。一般就労もしくは他の事業所を検討するようになるでしょう。会社にとって役立つ人材からいなくなる確率は高くなります。

 

 工賃に差をつけて優秀な社員を優遇するのか、全員を平等にして障碍者同士の劣等感を取り除くのか、B型作業所は難しい舵取りを迫られているのかもしれません。

 

*能力給はあるのかを事前に確認しておきましょう。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. iPnoneの基本を学べるB型作業所の紹介
  2. 統合失調症という病について
  3. 障碍者はいじめに遭いやすい
  4. 障碍者はどのような分野に就職するのか
  5. 障碍を持っていると正しいはずの答えが間違いとなることも少なくない…
  6. ハローワークに配置されたサポーターの是非
  7. 地元の名産である(五島手延べうどん)に特化したB型作業所の紹介
  8. 職場で様々な課題と直面する発達障碍者へのアドバイス

おすすめ記事

レイオブライト

ご利用者様が自立した日常生活または社会生活を営むことができるよう、当該利用者を雇用して就労の機会を提…

ほっこり、ニャー

『8月28日 ネコ ウンコ対策』注)食事中の方、見ないで⑨さい。漫画:P…

守谷市障がい者福祉センター

1.「仕える」   日々の祈りを大切にし、喜んで利用者に仕える。 2.「利用者中心」 利用者中心のケ…

相談支援センター「ゆい」

利用者が地域で自立した生活を営むことができるよう、保健、医療、福祉、就労支援等の関係機関とつながりな…

3000系快速急行の減少理由を別の方角から考えてみる

 3000系の快速急行の減少の記事を以前に書きました。今回は違った視点から見ていきた…

新着記事

PAGE TOP