福祉・医療

B型作業所の工賃の差はあり、なし?

 

  沖縄県のB型作業所で、工賃を9段階に分けて支給しているのを発見しました。(事業所名はジョブきらめきで時給は200~600円以上と記されている)

 

 3倍以上の差のある能力給を定めているのは、利用者のモチベーションを上げるためかと思われます。働いても働かなくても同じ金額を支給されるのであれば、怠ければ怠けるほど得することになってしまいます。これでは生産性の高い作業は期待できません。

 

 工賃に幅を設けることにはマイナスの要素もあります。能力の低い利用者の工賃は必然的に低くなるため、劣等感にさいなまれるでしょう。一般会社で低い扱いを受け、障害者施設においても不利益を被るれば、内部分裂の種になりかねません。

 

 利用者は平等にお金をもらうべきという考えからか、工賃を固定としているところもあります。こういう場所では能力の低い利用者は得する反面、仕事のできる利用者は損をすることになります。(たくさんの仕事を押し付けられることになるため)

 

 こういった場所においては、仕事のできる従業員はモチベーションを失いやすくなります。一般就労もしくは他の事業所を検討するようになるでしょう。会社にとって役立つ人材からいなくなる確率は高くなります。

 

 工賃に差をつけて優秀な社員を優遇するのか、全員を平等にして障碍者同士の劣等感を取り除くのか、B型作業所は難しい舵取りを迫られているのかもしれません。

 

*能力給はあるのかを事前に確認しておきましょう。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 障碍者の叫び
  2. 高次脳機能障碍者向けの就労移行支援事業所
  3. 九州産きくらげを生産販売するA型作業所
  4. 「障碍者施設」は、現状維持を望んでいるようにも見える
  5. A型作業所にて施設外で勤務する障碍者は一般でやっていけるのではな…
  6. ハローワークにサポーター(障碍者向け)が配置された
  7. 視覚障碍で事務職を目指す事業所がある
  8. 精神障碍者の自殺問題(大阪)について

おすすめ記事

コーヒーと紅茶で作る、「鴛鴦茶(えんおうちゃ)」

 コーヒーと紅茶で作る「鴛鴦茶(えんおうちゃ)」とは、香港の喫茶店やレストランで一般…

福祉の店アミーチ

障害者及び高齢者に対して日常生活及び社会参加支援に関する事業を行い、障害者の自立及び高齢者の自立存続…

ウェルビー新大阪センター

地域生活訓練センターこころ

こころの理念 ・その人の心を尊重し、持っている能力を引き出します。 ・その人が自信と希望を持てるよう…

目に見える形で結果を出さないと評価されない

 目に見える形で、他人のためになることができればいいのに。地上にはそのような人間で溢…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP