福祉・医療

B型作業所の工賃の差はあり、なし?

 

  沖縄県のB型作業所で、工賃を9段階に分けて支給しているのを発見しました。(事業所名はジョブきらめきで時給は200~600円以上と記されている)

 

 3倍以上の差のある能力給を定めているのは、利用者のモチベーションを上げるためかと思われます。働いても働かなくても同じ金額を支給されるのであれば、怠ければ怠けるほど得することになってしまいます。これでは生産性の高い作業は期待できません。

 

 工賃に幅を設けることにはマイナスの要素もあります。能力の低い利用者の工賃は必然的に低くなるため、劣等感にさいなまれるでしょう。一般会社で低い扱いを受け、障害者施設においても不利益を被るれば、内部分裂の種になりかねません。

 

 利用者は平等にお金をもらうべきという考えからか、工賃を固定としているところもあります。こういう場所では能力の低い利用者は得する反面、仕事のできる利用者は損をすることになります。(たくさんの仕事を押し付けられることになるため)

 

 こういった場所においては、仕事のできる従業員はモチベーションを失いやすくなります。一般就労もしくは他の事業所を検討するようになるでしょう。会社にとって役立つ人材からいなくなる確率は高くなります。

 

 工賃に差をつけて優秀な社員を優遇するのか、全員を平等にして障碍者同士の劣等感を取り除くのか、B型作業所は難しい舵取りを迫られているのかもしれません。

 

*能力給はあるのかを事前に確認しておきましょう。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 個性の強い障碍者に読んでほしい、志村けんの名言
  2. パワハラまがいの支援員を職場から消す方法
  3. インフルエンザの注射を打つべきか
  4. 自殺者数が減少傾向にある
  5. 自分のやり方を模索してみよう【障碍者編】
  6. 障碍者支援は脳を腐敗させなければつけない職業
  7. 厚生年金の加入拡大
  8. 土、日もオープンしている支援機関もある

おすすめ記事

ワーク種

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営む事ができるよう、利用者に対して就労の機会を提供するとともに…

リタの農園

世の中には、働く能力と意欲を兼ね備えた障がい者が多数おられます。しかし、彼ら、彼女らが持てる力を発揮…

就労支援事業所ちえの輪塚口

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、当該利用者を雇用して就労の機会を提供する…

特定非営利活動法人 即洗力

即洗力は、働きたいを応援します! 私たちは、即洗力を利用される方々が、仕事を学び役割を持つことで、周…

き楽庵

障がいをもった人たちに対し、安全適正な管理の元、社会参加、自立支援に寄与する。 オートバイの部品等の…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP