福祉・医療

就労実績をあげている事業所の紹介(事業所は北海道)

 

  就労移行に通所する場合、名前の知られている事業所(リタリコ、ウェルビー)であることを重視する障碍者は多いと思います。

 

 基本的にはそれでいいかなと思います。30パーセントもあるといわれる、就職者を出さずに生き残っている就労移行を利用すれば、人生を棒に振ってしまいかねません。実績のあるところは無難な選択といえるでしょう。

 

 今回は北海道にお住まいの方に、ある就労移行支援事業所について簡単に紹介しようと思います。

 

 事業所名

マイスタイル(札幌に大通、元町、大通南)の3か所の事業所を持っています。

 

 実績によると年間平均27.5人、就職するまでの平均期間は5~6ヶ月、最短就職実績は23日となっています。利用者の経済的なことを考えて、早期就職に力を入れていると思われます。(1年以上の通所で体調を整えた後でなければ、就職活動できない事業所もある)

 

 札幌で就職したい方は、大手ではなくこちらも検討してみてはいかがでしょうか。バラ色の人生が待ち受けているかも知れません。

 

*特定の地域だけで運営されている就労移行支援事業所は存在します。就労に繋がりそうなら、そちらを利用してみてはいかがでしょうか。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 障碍者の叫び
  2. 精神科のケースワーカーで感じた、利点と限界
  3. 交通費を支給される就労移行事業所もある
  4. 精神障碍者の自殺問題(大阪)について
  5. 障碍者(他人)を支援することの難しさ
  6. デイケアのプログラムについて【障碍者編】
  7. ミライロID(障碍者向け)というシステムがある
  8. 障碍者は職場で支援員(健常者)と親しくするのは難しい

おすすめ記事

就労継続支援B型事業所栄幸園

 事業所は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、利用者に対して就労の機会を提…

とくふうホーム

 知的障がい者が、健常者と同等の生活を送り労働に従事し社会生活を送ることは、その基本的人権と同様、権…

ポッセの輪

ショートショート『夕食は鍋』

 十一月の後半に差し掛かろうとしている。温暖化で平均気温があがったといっても、さすが…

弘前ビジネスアカデミー

・利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことが出来るよう、当該利用者に対して、就労の機会を提供し…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP