福祉・医療

年収204万以上であった場合、就労定着支援も利用料がかかる

 

 就労移行支援、A型作業所、B型作業所は前年度の収入により、負担が生じることを知っている障碍者は多いのではないでしょうか。(事業所から耳にするので、当たり前のように覚える)

 

 就労定着支援については知られていないものの、こちらも有料のサービスとなっています。年収204万円以上であった場合、1ヶ月に2000~3000円の利用料を払わなければなりません。年間にすると24000~36000円なので、決して小さい金額ではないと思います。

 

 支援者の訪問が月に1度くらいだと仮定します。ほとんど何もしてもらっていないにもかかわらず、年間に数万円のお金を払うことになります。就労のためのサポートとはいえプラスではなく、マイナスに傾いているような印象を受けます。

 

 利用料の発生しそうな場合は定着支援サポートではなく、障碍者就業支援を行っている支援機関にお願いしましょう。年間24000~36000円の負担を0にでき、定着支援の代わりにもなります。

 

*障碍者定着支援は無料でないことをきっちりと頭に叩き込ませておきましょう。(利用するかは本人の自由です)

 

文章:陰と陽

 

関連記事

  1. 障碍者の雇用保険(失業給付)
  2. 障碍者支援は脳を腐敗させなければつけない職業
  3. 事業所ごとの就職人数の掲載を義務化してほしい
  4. 盲(視覚障碍)・聾(聴覚障碍)者のためのA型作業所の紹介
  5. 支援の充実している就労移行支援事業所の紹介
  6. 障碍によるハンディを理解する
  7. 障碍者支援の場において
  8. 障碍者は職場で支援員(健常者)と親しくするのは難しい

おすすめ記事

サンフィールド城東事業所

あゆみの里

利用者に就労の機会を提供するとともに、通所による生産活動その他の活動の機会を通じて知識及び能力の向上…

共同作業所二コの種

雇用が困難な障がいのある人を生産活動等を通じて訓練していくこと。 また、障がい者の権利や保障を地域住…

早島地域生活支援センター

①計画相談の「質」の向上に拘る為、利用者を取り巻く家族、各関係機関・地域の方々との連携をより一層意識…

障がい者デイサービスレインボー

ノーマライゼーションと人権尊重の理念に基づき、利用者本位のサービスを提供することにより、安心快適で充…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP