時事問題

8月後半なのに連日のように35度超え

 

 8月後半にさしかかっているにもかかわらず、最高気温は連日のように35度を超えています。

 

お盆前ならよくあるものの、8月も終わろうとしている時期としては異常といえるのではないでしょうか。例年なら8月後半に差し掛かると、気温は徐々に下がっていきます。

 

 酷暑に追い打ちをかけるのは、コロナ対策のためのマスク着用義務化です。35度を超える気温の中でマスクを着用すると、熱中症や息苦しさを引き起こす危険性があります。水分を取るなどの対策をしたとしても、完全に防ぐことはできません。

 

 気象予報によると、今後1週間以上にわたって酷暑は続く模様です。室内を快適な温度に設定する、外出を控えるといった対策を取ることで、熱中症を防いでいきましょう。コロナを防げたとしても、他の病気にかかってしまっては元も子もありません。

 

 人間の力だけでは暑さ対策を完全に行うことはできません。一日も早く、酷暑から開放されるのを切に願います。9月には快適な温度に過ごせますように。

 

https://news.yahoo.co.jp/articles/7950935aed5befa6bcbc8be0c259329d7dca7cd1

©九州や中国で今年一番の暑さ フェーンで気温上昇 台風8号影響(tenki.jp) – Yahoo!ニュース

 

文章:陰と陽

 

関連記事

  1. 自民党議員が移動自粛中に地元に戻っていた
  2. 日本の雇用形態が変わりつつある
  3. 生命よりもパチンコを優先する感覚
  4. 社会的弱者をコロナウイルスの脅威から守ろう
  5. 台風19号の被害への支援
  6. 覚せい剤逮捕に見る人間の依存性
  7. コロナウイルスは全員に抗体を作らないと収束しないのかな
  8. コロナウイルスは障碍者の就職活動に影響を及ぼしている

おすすめ記事

ウイング川津

利用者一人一人が自分らしい社会生活をすることができるよう、利用者の意思及び人格を尊重し、当該利用者の…

相談支援センターフラワー

事業所は、障がい者に対し住居の確保その他の地域における生活に移行するための活動に関する相談や、常時の…

branch for pro

指定就労継続支援A型事業は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことが出来るよう、障がい者の日…

合同会社農場たつかーむ

(運営の方針) 第2条 事業所は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、各自の…

太夢共同作業所

関係法令を遵守し、他の社会資源との連携を図った適性且つきめ細やかな就労移行支援のサービスを提供します…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP