福祉・医療

障碍の「し」の字すらわからないサービス管理責任者の作成する支援計画書は意味を持つのか

 

  障碍について何もわかっていない、サービス管理責任者によって支援計画を立てられる。法律で決められているとはいっても、こんなことは許されていいのだろうか。

 

 支援機関を利用している当事者として、支援者は障碍者のことを一ミリたりとも理解していない。一〇年、二〇年といったベテランであったとしても、遊んで金をもらってきたのかと思うくらいに、学習していない。人間の感情を理解するのは難しいとはいっても、さすがにひどすぎると思える。

 

 利用者で無口なタイプ(支援者を嫌っているなども含む)である場合、一ヶ月に一度だけの話となることもある。毎日の作業を見ているとはいっても、心情を理解するのはほぼ不可能だ。実態にそぐわない計画書を作成し、役所に提出する状態になっている。

 

 サービス管理責任者ではなく、障碍について詳しい人に書かせてみてはどうだろうか。資格を無駄に取得しただけの責任者よりも、ずっといい支援計画書を作成できるように思える。

 

*障碍者(人間心理)に関する資格ほど、意味のないものはないように感じます。資格の有無ではなく、人間心理に詳しい人が支援計画書を書けばいいと思います。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. アルコール、薬物、ギャンブル依存を脱却するための作業所もある
  2. 障害のある方でも福祉関係の仕事で働けるのか⁉
  3. 薬の副作用は薬効成分以外にも原因がある
  4. 障碍者は見えないところでお世話になり、見える形で被害を被る
  5. iPnoneの基本を学べるB型作業所の紹介
  6. いじめ保険とは?
  7. 福祉施設の倒産が増えている
  8. 佐藤優, 池上和子『格差社会を生き抜く読書』(ちくま新書):ケア…

おすすめ記事

一般相談支援事業所青葉園

利用者に対して、地域社会における自立と社会参加を促進する観点から必要な支援の提供を適切に行う。また、…

和生園

「自分を愛するように、あなたの隣人を愛せよ」とのキリスト教精神に基づき、通常の事業所に雇用されること…

アトリエゆうあい

利用者一人一人の自己実現を果たしていくことのできる援助方法及びその支援体制を確立し、利用者一人一人の…

就労支援事業所菜の花

関係法令を厳守し、他の社会資源との連携を図った適正かつ細かな就労移行支援のサービスを提供します…

未来工房 麻生駅前

事業所は利用者が自立した日常生活または社会生活を営むことができるよう 当該利用者を雇用して就労の機会…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP