福祉・医療

障碍の「し」の字すらわからないサービス管理責任者の作成する支援計画書は意味を持つのか

 

  障碍について何もわかっていない、サービス管理責任者によって支援計画を立てられる。法律で決められているとはいっても、こんなことは許されていいのだろうか。

 

 支援機関を利用している当事者として、支援者は障碍者のことを一ミリたりとも理解していない。一〇年、二〇年といったベテランであったとしても、遊んで金をもらってきたのかと思うくらいに、学習していない。人間の感情を理解するのは難しいとはいっても、さすがにひどすぎると思える。

 

 利用者で無口なタイプ(支援者を嫌っているなども含む)である場合、一ヶ月に一度だけの話となることもある。毎日の作業を見ているとはいっても、心情を理解するのはほぼ不可能だ。実態にそぐわない計画書を作成し、役所に提出する状態になっている。

 

 サービス管理責任者ではなく、障碍について詳しい人に書かせてみてはどうだろうか。資格を無駄に取得しただけの責任者よりも、ずっといい支援計画書を作成できるように思える。

 

*障碍者(人間心理)に関する資格ほど、意味のないものはないように感じます。資格の有無ではなく、人間心理に詳しい人が支援計画書を書けばいいと思います。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. デイケアのプログラムについて【障碍者編】
  2. 佐賀県の名産を使用してお菓子を作っているB型作業所
  3. 地元の名産である(五島手延べうどん)に特化したB型作業所の紹介
  4. 障碍者にとって健常者はクラッシャーみたいなもの
  5. 医療関係者は国家試験に合格する前提で採用されている
  6. 障碍者支援は脳を腐敗させなければつけない職業
  7. 知的障碍者の行動
  8. 障碍者が一般会社で働く難しさ7

おすすめ記事

エール生活支援ステーション 一歩

就労支援 トゥモローランド開成みなみ

企業理念〜誰よりもお客様の身になって〜 私たちは、「より幸せにする」「より良い状態にする」という基本…

明倫の郷 浜田分場

社会福祉法人輝福祉会が運営する指定就労継続支援B型の事業は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営…

いしづみの家

社会福祉法人いしづみ会定款を遵守し、多様な福祉サービスがその利用者の意向を尊重して総合的に提供される…

シェル

シェル(Shell)とは(貝)殻を意味します。私たちは『殻』を自分を『護る殻』と自分の『殻を打ち破る…

新着記事

PAGE TOP