福祉・医療

条件付きで訓練費を支給される就労移行事業所もある

 

 就労移行事業所ではお金は一円すらもらえない、と考えている人は多いのではないでしょうか。

ハローワークの方に聞いても、そういうところは耳にしていないということから、あまり広まっていないものと思われます。

 

 一部の就労移行支援事業所では訓練費という名目で現金を支給しています。(筆者の閲覧した中では月に35000円が最高で、これ以上のところもあるかもしれません)

 

 訓練期間といっても、お金はあったほうがいいです。一円ももらえない事業所よりも、10000円、20000円を支給される就労移行事業所への通所を考えるようにしましょう。(お金をもらえるということは、利益を生み出すビジネスということにもなり、実戦に近い訓練を詰める可能性もアップすると思われる。ダブルメリットになる可能性を秘めている)

 

 就労移行だからお金をもらえないと妥協するのではなく、少しでも自分の人生のプラスになるような選択をしましょう。2年間というのはあとになったときに、貴重な時間となる確率は高いです。

 

・条件付きで訓練費を支給する就労移行事業所を一つ紹介します(他にも支給する就労移行事業所はあると思います)。

 

ジョイワークセンター(東京渋谷区にある事業所で、親会社は派遣事業を行っているようです)

 ホームページにて実戦訓練型の中心に行うことによって、月に3万円程支給すると書かれていました。(どのようにすれば実戦訓練型に移行できるのかは、担当者に確認しましょう)

 親会社は一般会社という特徴を生かし、障碍者への訓練を考えているので、より実践に近い形で就労移行に取り組めるのではないでしょうか。

  事業項目欄はうちは他とは異なる方式で支援していると書かれているので、よそではあまり見られない形式の訓練を行っていると思われます。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 障碍者は常に理不尽を強いられる
  2. 地元の名産である(五島手延べうどん)に特化したB型作業所の紹介
  3. 誤魔化しながら継続していく障碍者支援
  4. 障碍者支援の矛盾
  5. 発達障碍が働く難しさ
  6. ハンデを抱えたことを嘆かないように(ピアノ)
  7. 障碍者支援機関との関係を切るのを最終目標にしよう
  8. 介護業界を目指す方が最初に取得する資格

おすすめ記事

リンゴの唄

障がい者に対し生産活動その他の活動の機会の提供を通じて、就労に必要な知識及び能力の向上のために必要な…

就労継続支援施設第三よろこび

A型運営…

ウェルカム あざみ

事業所利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、就労の機会を提供するとともに、通所…

ぱれっと

常に利用者のペースで支援をしていきます。 向上心を持ち続けるよう支援します。 絶対あきらめないように…

就労継続支援事業所 テスターズラボ 南郷通事業所

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるように、 生産活動及びその他の活動の機会の提供…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP