福祉・医療

就労移行を利用してから、どれくらいで就職できるのかを表示している事業所がある

 

 就労移行事業所からどれくらいの期間で就職できるのかは、利用者にとって一番気にかかるところ。2年以内に就職できるのか、不安を抱えている人は多いと思われる。

 

 利用者の不安を取り除くためか、就労移行事業所から一般企業に就職するまでにどれくらいかかるのかを、示している事業所を発見した。

 

 事業所によると平均で6.1ヶ月と記されている。これは就労移行においては短い部類に入るのではなかろうか。就労移行から一般就職するには、平均で1年はかかるといわれており、2年経過しても就職できない利用者も結構いる。(就職率は27パーセント前後なので、かなり多いと思われる)

 

 利用者の不安を払拭するために、どれくらいの期間で就職につながっていくのかを明記してみるのはどうだろうか。通所の不安もなくなって、スムーズに就職できる利用者を増やせるかもしれない。

 

 就労移行の期間を示している事業所を下記に記します。

 アクセスジョブ札幌北24条校(ホームページによると、静岡、青森、浜松などにも事業を作っている模様)

 利用を検討しているのであれば、事業所にどれくらいの就職率なのかを聞いてみると良いでしょう。100%なのであれば、迷わず通所してみるとよいでしょう。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 障碍者支援の矛盾
  2. ショートショート『障碍者の闇』
  3. パラリンピックに知的障碍者部門がないのは健常者を参加させたチーム…
  4. 障碍者は口だけにならないように
  5. 病院の待ち時間について
  6. 薬の副作用は薬効成分以外にも原因がある
  7. 障碍者支援の問題点
  8. ハローワークにおける担当者と障碍者の意見の食い違い

おすすめ記事

指定相談支援事業所 あいソーシャルサポート

当事業所の相談支援専門員は利用者等の心身の特性を踏まえて、その有する能力に応じ、自立した日常生活を営…

親殺しのパラドックスについて素人が考えてみた。

みなさんはタイムスリップできるならどの時代に行きますか?という質問をしたのも、今…

プラザあやはし

ドリーマーぷくぷく

地域の中で、はたらいて暮らすことを支援します。 地域のむすびつきを大事にし、役所、相談支援センター、…

怖い話『カーテンの裏の子』

買い物から帰ると、子供がお友達を呼んで遊んでいました。おもちゃやお菓子を散らかし…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP