福祉・医療

A型作業所の就職祝い金は、撤廃されるかもしれない

 

 A型作業所の一部では、一般就労した利用者に祝い金を払っている(筆者もハローワークの求人票で確認した)。利用者の一般就労のモチベーションを高めるために、このような制度を導入していると思われる。お金をもらえる、もらえないによって、やる気は大きく変わってくる。

 

 厚生労働省はこの部分に踏み込もうとしている。国の補助金で運営しているのに、利用者に対して祝い金を払うのはおかしいという主張を展開し、将来的には祝い金の全面禁止化に踏み込んでいく予定だ。(すでに実施されている可能性あり)

 

 就職祝い金の撤廃についてはしょうがないと思う。事業所の仕事のみで利益を上げているのならまだしも、国の補助金から祝い金を払うのは倫理に反する印象を受ける。祝い金を払いたいのであれば、事業所の利益から出せばいいのではなかろうか。

 

 A型を利用しようと考えている障碍者は、将来的には祝い金をもらえないことを前提に通所する事業所を決めよう。甘い蜜を吸いたいがために安易に利用すると、自分の将来にとって大きなマイナスになりかねない。

 

*A型の制度は随時更新されますので、定期的に確認するようにしましょう。

 

文章:陰と陽

 

 

 

関連記事

  1. 就労実績をあげている事業所の紹介(事業所は北海道)
  2. 障碍者の生涯工賃と比べてみた
  3. 障碍者支援の問題点
  4. 目的とは反対に進んでいる【障碍者編】
  5. 障碍者支援とは障碍者を論評するだけの場になってしまっている
  6. 視覚障碍で事務職を目指す事業所がある
  7. 発達障碍、精神障碍はもっと分かりやすく明記してほしい
  8. デイケアのプログラムについて【障碍者編】

おすすめ記事

厚生年金の枠拡大による障碍者へのメリット、デメリット

 厚生年金の加入条件が501人以上の従業員を持つ会社から、51人以上へと変更が検討さ…

N3

利用者の意思及び人格を尊重して、常に当該利用者の立場に立った適切なサービスを提供する。 利用者が自立…

就労継続支援B型 ほ・だあちゃ

第二さつき障害者作業所

指定就労継続支援B型の実施に当たっては、事業者は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことがで…

アメリカパン

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP