レジャー

8月6日の巨人対阪神戦で野手が登板した

 

 8月6日の阪神対巨人戦で珍事があった。

 

 試合について説明すると、阪神が一方的な攻勢を仕掛ける展開となった。8回裏のワンアウトの時点で11対0とリードしていた。

 

 巨人の原監督はこの場面において奇策に打って出た。本来は野手であるはずの増田を、6番手ピッチャーとしてマウンドに送り込んだ。(高校時代はピッチャーで、地区予選の準決勝まですべて完投という経歴を持つ)

 

 増田は高校時代に投手だった片鱗をおおいに披露した。打者三人に対して、四球を一つ与えたものの、他の打者二人を抑えることに成功。敗戦濃厚という試合展開の中、原監督の期待に見事にこたえた。(スピードガンによる最速は138キロで、スライダーも投げていた)

 

 投手を登板させるのはメジャーではよくあるものの(イチロー、青木が登板したと話題になった)日本で見かけることはほとんどない。巨人に至っては73年ぶりということもあり、覚えている人はいないのではなかろうか。

 

 今年はコロナウイルスのために、日程は過密になっている。投手の温存のために、野手を投げさせる機会は増えていくかもしれない。  

 

*テンポよく投げているところは、高校球児で投手をやっていたのを感じさせました。時間をかけずに投げることで、時短に繋がっていくのではないでしょうか。

 

https://news.yahoo.co.jp/articles/900ec50d7a61824f6a9251404de74d0fd17365ad

©巨人が異例の采配 野手の増田大輝を投手起用 原監督は「それだって、一つの作戦」

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 京阪電鉄は2021年1月より3000系プレミアムカーをデビューさ…
  2. 大阪の球児は秋の大会が事実上のラストチャンス
  3. 木崎海は引退届を提出
  4. 落ちても這い上がればいい【大相撲編】
  5. 将棋棋士になるには運も必要
  6. メダルを拒否した心理を想像してみた(ラグビー)
  7. 羽生九段はタイトル100期獲得なるか
  8. 代表選手が国際化しつつある

おすすめ記事

成人してから、発達障碍の診断を受けるということ

 今回は成人してから、発達障碍の診断を受けたという話を取り上げていきます。&nb…

旭川ヒューマンサービスセンター

職員が適正な福祉サービスを提供することを目的とし、①生命の尊重、②個人の尊厳、③人権の擁護、④社会へ…

『日々の生活』―自由の生活が出来るのはありがたいことなんだよ―

普通の生活が…どれほど…大切だったかと……

大阪アグリバイオ株式会社

就労継続支援事業所みらいの郷

方針 利用者が自立した日常生活または社会生活を営むことができるよう、就労の機会を提供するとともに、生…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP