サスペンス・ホラー

ホラー:「白骨死体のある家」

 

 「おばあちゃん、おばあちゃん、おばあちゃん~!?」

 何度、声をかけても、祖母は聞こえていないようです。

 

 少年は祖母の部屋の扉を開けると、室内には白骨化した人間の姿がありました。死体のことに詳しくない年代であっても、昨日、一昨日に死んだとはとても思えませんでした。少なくとも、死後数年は経過しているといえるでしょう。

 

 夢ではないかと思い、少年は自らのほっぺたをつねることにしました。痛みを感じることから、幻想を見ているわけではなさそうです。目の前にあるのは、れっきとした白骨化した死体です。

 

 少年は死体の顔を覗き見ると、おばあちゃんにそっくりでした。昨日まで生きていたはずなのに、白骨化するのはさすがに不可解です。

 

 おばあちゃんが死んだのではないかと混乱していると、玄関のチャイムを鳴らされました。

 

「ただいま。今日はすき焼きだよ」

 

 声はおばあちゃんそのものでした。少年はそのことに安心すると同時に、白骨化した女性についての疑念を持つようになりました。

 

 レジ袋にどっさりと買い込んでいる女性に、白骨化した遺体について訪ねました。

 

「おばあちゃん、どうして白骨死体を置いたままなの」

 

「私の双子の妹なの。生前に孫のことを頼むと言い残したのよ」

 

 少年は一緒に暮らしていた女性が、本物の祖母でないことを初めて知ることとなります。どうしてこれまで気づかなかったのでしょうか。赤ちゃんだったため、はっきりとした顔を記憶していなかったのかもしれません。

 

 義理の祖母は冷静な声で、少年に訪ねてきました。目からは不思議な力を感じました。

 

「おばあちゃんと一緒に生活したいのかい」

 

 少年は慌てて首を振ります。肯定の意思表示をした瞬間、義理の祖母に何をされるのかわかりません。

 

「秘密を知られたからには、生かしておくわけにはいかないね。私のためにも、あの世に逝ってもらいましょう」

 

 襲われるのではないかと思った矢先の出来事でした。白骨化した遺体の手が伸びて、義理の祖母を闇の世界へといざなっていきました。少年は一人きりの部屋で、おばあちゃんに助けられたことに感謝します。

 

「おばあちゃん、守ってくれてありがとう」

 

 後でわかったことは、義理の祖母は存在しないということでした。少年は誰と生活してきたのでしょうか。

文章:陰と陽

関連記事

  1. 怖い話『眠る男』
  2. 怖い話『仮眠室での出来事』
  3. 怖い話『夢の中……。』
  4. 怖い話『消えたラーメン屋のおばさん』
  5. 怖い話『おまえだけ』
  6. 怖い話『走る男の子』
  7. 怖い話『水の中へおいで』
  8. 怖い話『丸められた紙』

おすすめ記事

ハナミズキ

利用者が地域において自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう就労の機会を提供するとともに生…

tetote 〜てとて〜

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、就労の機会を提供するとともに、生産活動そ…

光生舎フロンティア

利用者へ就労の場を提供し、本来の社会的自立を促進します。…

金持ち家の子が不良化し、社会的行動することへの批判

初めに 一時、マイルドヤンキーと言う言葉がメディアに取り上げられましたが、今回は…

ゆうとおんほーぷ

労働を媒介として、「障害者」の社会参加を積極的に推進すると共に、差別・選別・排除の根っこにある社会問…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP