生活

店の鉄板でお好み焼きを焼いてみよう

 

 お店の鉄板でお好み焼きを焼ける、そんなサービスを行っている店に足を運びました。

 

 店内の席には長方形の鉄板が置かれていました。熱を発していたことから、加熱した状態だったのかもしれません。

 

 店内ではお好み焼きを注文したあとに、「自分で調理する」、「店の出されたものを食べる」の二つから選ぶようにいわれました。自分で焼いたものを食べたかったので、「自分で調理する」と答えつことにしました。

 

 店員より材料の分量を計測した状態で渡されます。自分でじっくりとかき混ぜ、色を調節していきます。ここで失敗すると、後々の味に悪影響を及ぼすので慎重にやりましょう。

 

 程よい色になったのを確認してから、油のしかれた鉄板にのせます。火力は店のこだわりで中火で固定となっていました。

 

 店内には時間を図るための砂時計が置かれています。生地を載せたのち、砂時計を反対にしました。マニュアル通りにやったら、どのようになるのかを確認する意味合いもありました。

 

 砂時計の砂が落ち切ったあと、生地をひっくり返します。程よい焦げ目となっており、おいしそうな印象を受けました。

 

 熱も通ったところで、自分の皿に生地を乗せました。筆者はあっさり味が好きなので、醤油をかけてお好み焼きを食べることにしました。

 

 初めての体験だったこともあり、おいしいとはあまり思えませんでした。味もきっちりと混ぜ切れていなかったのか、店で出されるものより、ワンランク、ツーランクも劣っている印象を受けました。

 

 落第点の味であるにもかかわらず、胸の中は充実感でみなぎっていました。自分で調理したお好み焼きはおいしくなかったとしても、世界で一番いいなだと感じました。

 

 皆さんも一度でいいので、店内の鉄板でお好み焼きなどを焼いてみてはいかがでしょうか。人生における貴重な経験になるかもしれません。

 

*今度は焼きそばで挑戦しようかなと思います。

 

文章:陰と陽

 

関連記事

  1. 節分に恵方巻を食べる理由
  2. 手軽に食べられるようになった生の『馬肉』、 お勧めは『たてがみ』…
  3. 猫からうつる病気は子供の成育などに悪影響を及ぼすこともある 
  4. 野菜は価格の変動が激しい
  5. しつこい男は嫌われる
  6. 秋の新商品が盛りだくさん!マクドナルドのお月見バーガー
  7. ワールド・キャット・デイ!
  8. 「ありがとう」の精神は大切だ

おすすめ記事

ほべつ就労支援センター

利用者様が、自立した日常生活並びに「働く」という社会の一員としての機会を提供しながら、生産活動その他…

相談支援事業所 中札内みのり園

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、当該利用者につき、住居の確保、その他の地…

サポートセンターK’s

地域相談支援を利用する利用者に対し適正な指定地域相談支援を提供することを目的とする。 1. 利用者が…

多機能型事業所 ゆうゆう舎

みなと

通常の事業所での就労の継続を図るために必要な当該通常の事業所の事業主、障害福祉サービス事業者等、医療…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP