コラム

ショートショート:昼休みのひととき「女子社員の会話」

 

 ヘッドホンを耳に当てながら音楽を聞く、昼休みの楽しいひとときにはもってこいといえる。

 

 蜜柑は名探偵コナンの「Secret of my heart」を聞いている。歴代の主題歌において売上NO.1となった名曲だ。

 

 一番好きなフレーズは最初に出てくる「どんな言葉に変えて 君に伝えられるだろう」の部分。好意を寄せている男性にどうすれば振り向いてもらえるのか、それを考えただけで胸はワクワク感に包まれる。

 

 現時点で好きな男性はいないものの、一年後、二年後にはできているだろう。そのときにどのようにすれば、相手に好意を伝えられるのかを考えるだけで胸は昂ぶる。恋愛は現実よりも想像するほうが楽しい。

 

 自分の未来の恋愛を想像していると、同僚の松脇麻衣子が近づいてきた。彼女は一ヶ月前に彼氏に振られたばかりということもあり、恋愛にブルーになっていると思われる。

 

 蜜柑はヘッドホンを外すと、麻衣子は話をした。

 

「蜜柑、どんな曲を聞いているの」 

 

「名探偵コナンの『Secret of my heart』だよ」

 

 男女の恋愛として話を持っていくと、空気は冷たくなってしまいかねない。蜜柑は場を乗り切るための方法を考えるも、麻衣子は恋愛について話してしまった。

 

「新一君と蘭ちゃんみたいに親しくなりたいな。そういう相手を見つけられるように努力しよう」 

 

 麻衣子は破局したばかりにもかかわらず、恋愛に積極的だった。物怖じしない性格は羨ましい。

 

「破局したことはショックを受けてないの」

 

 麻衣子は何事もなかったかのように笑ってみせた。

 

「相手と別れたからこそ、新しい冒険に出られるじゃない。もっといい男を見つけてやるんだから」

 

 麻衣子は闘志で漲っていた。蜜柑は新しい恋に挑戦しようとしている女性を応援すると同時に、負けたくないとも思った。

 

「蜜柑、仕事帰りに一緒にカフェに行こうよ」

 

「うん。癒やしのひとときで心を休めよう」

 

 同僚との会話はなおも続く。職場にいるはずなのに、一時的に仕事から開放されたかのように思えた。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. ショートショート『心を満たす人』
  2. ショートショート『室内に滴り落ちる水滴』
  3. ショートショート『庶民が大金を入手した末路』
  4. 魔法少女という名の時限爆弾
  5. 窪 美澄 『やめるときも、すこやかなるときも』 集英社文庫
  6. ショートショート『働きたくない男の考え方』
  7. アイザィア・バーリン『自由論』
  8. ショートショート『自業自得が招いた不幸の連続』

おすすめ記事

クラフトハウス

利用者が自立した日常生活または社会生活を営むことができるよう、就労の機会を提供するとともに、生産活動…

112歳まで生きるということ

世界一の長寿としてギネスに載っていた、男性が112歳で死亡したとニュースになった。1…

盛岡杉生園

利用者が自立した日常生活または社会生活を営むことができるよう、就労の機会を提供するとともに、生産活動…

障害者生活支援センターぱすてる

・利用者の意向を踏まえ、自立した日常生活、社会生活を実現するよう努めること。 ・利用者の心身の状況、…

クリエート・ラボ

仕事を通じて、自立することをめざしつつ、職業訓練を中心に支援を進めていく。また、自立を促進するため、…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP