福祉・医療

精神科を変更する場合にやっておきたいこと

 

 精神科に通院する場合、自立支援の恩恵を受けられます。(指定できる病院の数は、一ヵ所もしくは病気によって二か所も可)

 

 自立支援の対象となっている病院では、本来なら三割負担のところを一割まで軽減されます。(市町村によっては無料のところもある)月の上限額も低めに設定されていることから、金銭に余裕のない当事者にとってはありがたいサービスといえるのではないでしょうか。

 

 家庭の事情などによって、精神科を変更する方もいらっしゃると思います(筆者は近々に病院を変更する予定です)。新しい病院に通院する際にやっておきたいのは、役所で自立支援変更手続きをあらかじめ済ませておくことです。手続きを完了させておけば一割の負担で済みます。通院する病院を決めているのであれば、役所で必要なやり取りを済ませておきましょう。(手続きをしないと三割負担となり、上限額も適用外となる)

 

 無知で損をしないためにも、きっちりと制度について調べるようにしましょう。この世は知ってマイナスになることはほとんどありません。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 障碍者は口だけにならないように
  2. 障碍者枠はブランクよりも能力を重視することもある
  3. 精神障碍者の自殺問題(大阪)について
  4. 障碍者手帳の基準が全国で統一されていないことに違和感がある
  5. アルコール依存から脱却するのを目的とした福祉事業所
  6. 精神科の初診時にすること
  7. 都道府県で処方してもよい薬の量が異なる
  8. 発達障碍、精神障碍はもっと分かりやすく明記してほしい

おすすめ記事

久山学園

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、生産活動その他の活動の機会の提供を通じて…

障碍者、健常者の苦しみは異なる

 障碍者は目に見える形で苦労し、健常者は形に現れないところで苦しんでいる。&nb…

夢・さぽーと

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう通常の事業所に雇用されることが困難な利用者…

Be Happy 南方駅前

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、当該利用者を雇用して就労の機会を提供する…

ぱれっと三田

1.障害のある人が、安心して利用し、充実した一日を過ごせる場であるよう、安らぎのある雰囲気作りを心が…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP