就労

最低賃金は11年ぶりに据え置かれる確率が高い

 

 今年度はコロナウイルス蔓延の影響もあり、景気は大きく落ち込みました。倒産、解雇などにより職を失った従業員もたくさんいます。

 

 空前絶後の不景気を反映したのか、2020年度は11年ぶりに最低賃金は据え置かれることになります。(目標数値を示さないことで、事実上の決定となった。最終的に県の判断に任せられるため、上昇する可能性はわずかながらに残されている)

 

 最低時給の据え置きは、労働者として残念かなと思います。会社からもらう給料というのは、唯一のモチベーションになっています。上司や同僚からの理不尽な要求も、金銭さえもらえればまあいいやと思います。(お金なくしてはとても耐えられないことも頻繁に起こる)

 

 来年にコロナウイルスは収束している保証はどこにもありません。2年連続で最低賃金据え置きとなると、モチベーションは大きく下がってしまいそうです。

 

 ギリギリの生活を送っている人からすれば、年に一回の昇給は人生を大きく左右しかねません。来年はどうなるかわからないものの、最低時給はあがってほしいと思います。

 

*パートなどで最低時給ギリギリで働いている人はたくさんいます。そういう人たちにとって、一年に一回の引き上げは生活水準を維持していくために欠かせません。

 

文章:陰と陽

 

関連記事

  1. 尊敬できる上司も多い
  2. インフルエンザを発症したのに相撲を取らされる
  3. 12月にしては異例の大雪
  4. 幼児遺棄事件
  5. 不倫の代償は大きかった(俳優)
  6. コロナ自粛と経済のバランス
  7. メダルを拒否した心理を想像してみた(ラグビー)
  8. 同姓同名の候補者に投票する場合の注意点

おすすめ記事

多機能型事業所 ピアチェーレ

事業所が行う指定就労継続支援(B型)の事業は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができる…

ハッピーライフサポートセンター

用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、通常の事業所に雇用されることは困難な障害者…

LITALICOワークス大阪梅田北

人は働くことを通じて、誰かに必要とされることで心が元気になり、もっと良い人生を送りたいという意欲が生…

青年の自立支援センターゆう

清水台通所センター

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことが出来るよう、利用者に対して就労の機会を提供するととも…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP