就労

最低賃金は11年ぶりに据え置かれる確率が高い

 

 今年度はコロナウイルス蔓延の影響もあり、景気は大きく落ち込みました。倒産、解雇などにより職を失った従業員もたくさんいます。

 

 空前絶後の不景気を反映したのか、2020年度は11年ぶりに最低賃金は据え置かれることになります。(目標数値を示さないことで、事実上の決定となった。最終的に県の判断に任せられるため、上昇する可能性はわずかながらに残されている)

 

 最低時給の据え置きは、労働者として残念かなと思います。会社からもらう給料というのは、唯一のモチベーションになっています。上司や同僚からの理不尽な要求も、金銭さえもらえればまあいいやと思います。(お金なくしてはとても耐えられないことも頻繁に起こる)

 

 来年にコロナウイルスは収束している保証はどこにもありません。2年連続で最低賃金据え置きとなると、モチベーションは大きく下がってしまいそうです。

 

 ギリギリの生活を送っている人からすれば、年に一回の昇給は人生を大きく左右しかねません。来年はどうなるかわからないものの、最低時給はあがってほしいと思います。

 

*パートなどで最低時給ギリギリで働いている人はたくさんいます。そういう人たちにとって、一年に一回の引き上げは生活水準を維持していくために欠かせません。

 

文章:陰と陽

 

関連記事

  1. テレワーク導入はコロナウイルスの蔓延を助長するリスクもある
  2. コロナウイルスが急激に広がりを見せている2
  3. 「ノーベル賞」と「ダイナマイト」の関係
  4. 仕事をすることと感謝されること
  5. コロナウイルスの広まりで市場からマスクがなくなる
  6. 消費増税による家計負担
  7. 新型コロナウイルスで、何を思い?何をして過ごしていた?
  8. 女子の高校野球が甲子園で開催されるかもしれない

おすすめ記事

あゆみの里

利用者さん一人ひとりに、人間としての尊厳が守られ、自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう…

Mind Free

利用者が自立した日常生活を営むことが出来るよう、就労を希望する65歳未満に対して就労の機会を提供する…

ハウスひなたぼっこ第一

指定就労継続支援B型の実施にあったっては、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう…

ショートショート:『心はひとつの出来事で救われる』

 幼稚園入園雨崎冬木は幼稚園に入学する。他の…

こぐまくらぶ舞子坂

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP