福祉・医療

就労移行の就職率は充分といえるのか?

 

 就労移行における一般就労率は26~27パーセントとなっています。(2017年現在)単純計算、4人に1人くらいの就職となっています。

 

 筆者の感覚からすれば、かなり低いように思います。2年間(最長3年)の訓練を積んでいるにもかかわらず、4人に3人も就職できないのは、就労移行の支援はきっちりと行き届いていないといえるでしょう。(一部には当事者の問題もあることは事実なので、完全に事業所の責任とはいえない)

 

 30パーセントくらい存在するといわれる、一人も就職させない就労移行支援事業所の存在は忘れてはなりません。本来の目的を忘れ、金もうけのために利用者を大事な時間を奪っています。当事者としては、詐欺まがいのことを平然と行う、ろくでなしに騙されないようにしたいものです。 

 

 上記の事業所をなくすために、利用者を就職させなかった場合は、過去に遡って補助金を全額没収するという劇薬を打ってみるのはいかがでしょうか。就労移行支援事業は真剣にならざるを得なくなり、一般就職率は大幅に上昇すると思います。(副作用として就労移行を利用できない当事者も増えるリスクはある)

 

 10年後には就労移行を利用した全員の利用者が、一般就労できる社会になるのを願ってやみません。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 障碍者は社会で居場所がない
  2. 発達障碍は、一般人と同じ生き方が不可能
  3. 障碍者が仕事をする際に気をつけたい7つのポイント
  4. 短編小説 : 『縮まらない距離』
  5. 健常者と障碍者はlose-loseの関係になりやすい
  6. カード式の障碍者手帳もある
  7. A型作業所、就労移行支援などの年齢要件見直し
  8. A型作業所を社内に作る企業が増えつつある

おすすめ記事

就労継続支援(A型)事業所 ピース 五日町

鹿町ひかりステーション

ご利用者様の障害の特性に合った支援を提供したいと考える。…

しんわ尼崎作業所

事業所は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、就労の機会を提供するとともに、…

工房まる

①事業所は、障がい者に対し就労又は生産活動の機会の提供その他の便宜を適切かつ効果的に行うものとする。…

指定就労移行支援 のれそれ

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、利用者に対して、生活活動その他の活動の機…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP