福祉・医療

A型、B型作業所から一般就労しようと思う利用者が取る行動

 

「A型作業所、B型作業所の就職率はかなり低い」というテーマで、A型作業所、B型作業所の就職率の低さについて触れました。今回はその中で、どのようにすれば就職に繋がりやすいのかを書いていきます。

 

 筆者としては、A型作業所、B型作業所と就労定着支援を併用している事業所をお勧めしようと思います。どうしてそのようなことをいうのかというと、就労を前提としたサポートを行おうとしているからです。就労定着支援は就労後のサービスであり、就職者を出さなければ提供する必要はありません。

 

 関東から北海道までの事業所を閲覧した感想を書かせていただきます。A型作業所もしくはB型作業所と就労定着支援を併用している事業所はほとんどありません(就労移行を同時に行っている事業所は省く)。就職者を出さないのですから、サービスを提供する意味は皆無です。

 

 A型作業所、B型作業所を利用する前に、「就職率はどれくらいですか」とストレートに聞くとよいでしょう。70~80パーセントの作業所の就職率はゼロパーセントであるため、言葉に詰まった時点で一般就職できない(させていない)と判断しても構いません。(運営を始めたばかりの事業所は例外)

 

 最低賃金を保証されているA型を利用しながら、一般就労を目指したいという利用者もいると思います。就職支援、就労定着にどれくらい力を入れているのかということに、意識を持っていくような心がけが重要です。企業の意識次第で、あなたの人生は大きく変わることとなるでしょう。

 

*一般就労できるにもかかわらず、支援者の巧みな言葉に操られているB型作業所の利用者は少なくないと思います。自分のためになることだけを考えて行動するようにしましょう。 

 

文章:陰と陽

 

 

関連記事

  1. 障碍によるハンディを理解する
  2. 障碍者枠で働いている人に対する一般人の評価
  3. A型作業所、B型作業所、就労移行支援にすぐに通所できるようにして…
  4. 障碍者福祉における支援者側の課題
  5. 同じ薬を複数の病院から処方されることで新しい発見がある
  6. 社会的弱者をコロナウイルスの脅威から守ろう
  7. 発達障碍プロジェクト(発達障碍者向けサイト)
  8. 障碍を持っている人が、言われるとつらいこと

おすすめ記事

障がい児・者相談支援センターなら

セサミ・みやざき

事業所は、就労継続支援A型及び就労継続支援B型の利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができ…

ジョブソワ船橋事業所

1 事業所は、利用者と雇用契約し、障害者に対し就労の機会の提供その他の便宜を適切かつ効果的に行うもの…

第二熊本菊陽学園 

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、通常の事業所に雇用されることが困難であっ…

たのしい職場 北浜

事業所は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、当該利用者を雇用して就労の機会…

新着記事

PAGE TOP