福祉・医療

障碍者本人が主役になろう

 

 支援機関に登録することによって、自分の成長の道を閉ざしてしまう。障碍者の中にはそういう人も少なくないように思う。

 

 支援機関はあくまで補助的な役割を果たす場所であって、自らを成長させていくのは自分自身であることを頭に置こう。支援者の話を聞いているだけでは、一ミリたりとも前進できない。

 

 支援者のアドバイスに具体的な中身は少なく、抽象的なものにとどまる。耳を傾けたとしても、当事者のメリットになることはほとんどなく、時間を無駄に消耗しているに過ぎない。

 

 一般論しか語らないのに、支援者の一部には主体的に動きたいと思うタイプも存在する。そういう場合は、事情を説明して変えてもらってもよいのではなかろうか。主従関係にしかならないタイプでは自分で考える力を失うため、いい方向に進む確率はかなり低くなる。

 

 自分の力だけでは道を切り開いていくのは難しい当事者もいるだろう。その場合であったとしても、一人でできることはだれにも頼らない精神を身に着けていきたい。失敗したとしても、チャレンジしたことは決して無駄にはならないし、こんなこともできるんだという新たな自信へと繋げられる。

 

 自分自身の道を切り開けるのは自分だけ、これを合言葉にして生きてみてはいかがだろうか。

 

文章:陰と陽

 

関連記事

  1. 都道府県で処方してもよい薬の量が異なる
  2. ハローワークにサポーター(障碍者向け)が配置された
  3. 障碍者支援で思うこと
  4. 障害のある方でも福祉関係の仕事で働けるのか⁉
  5. 目的とは反対に進んでいる【障碍者編】
  6. 障碍者事業における理想と現実
  7. 平熱であってもインフルエンザにかかる
  8. ショートショート『障碍者の闇』

おすすめ記事

どんぐり農園グリューネ

事業所は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、利用者の身体その他の状況及びそ…

若草友の会共同作業所

スマイル直方

利用者が、労働や集団活動を通じ、人として豊かな成長ができるように援助を行うことを目的とします。また地…

ばんぶぅ−作業所

当法人は、障害者自立支援に基づく障害者福祉サービス事業を社会に普及させることを目的とする。…

新生会作業所

事業所は支給決定を受けた所員を雇用し、労働者としての立場を保障するとともに、就労に必要な知識及び能力…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP