福祉・医療

障碍者支援の問題点

 

 障碍者本人が主役になろうという話を書きました。どうしてそのように思ったのかを下記に記していきます。

 

人間は基本的に他人のことはわからないから

 

 支援者はよく自分もそうだよといいますけど、共感意識を演出するためにいっているとしか思えないからです。詳細まで突き詰めると、違っていることは少なくないでしょう。

 

 障碍のことを分かる支援者はいない、そのように割り切りも必要かなと思います。ちなみに私も同じだよという支援者は、人間を根本から理解していないと判断しても良いでしょう。

 

健常者は維持に向いているものの、新しいことを作り出すのは不向きである

 

 健常者の役割は、偉人(超人)の開発した商品を作り続けることです。いいかえると、社会の構造を維持するために生きています。健常者は自分たちで新しいものを作り出す、機会はほとんどありません。上司からの指示を淡々とこなすだけなので、考えるということをほとんどしないまま年齢だけを重ねていきます。

 

 障碍者支援では、障碍者当人への発想力などを求められます。自分で何も考える力を養ってこなかった健常者では厳しいのかもしれません。

 

幼少期から小手先だけで生きようとしたために、他人のしてほしくないことばかりをするようになった

 

 日本では小学生から器用に生きることを推奨されます。そういう技術を身につけてきた代償として、他人と心を通わせる方法を学ぶ機会を奪われてしまったのではないでしょうか。

 

 空気を読むことには長けているものの、他人の感情を察知する能力はかなり低いと感じます。やることなすこと、全て裏目に出ているような印象すらあります。

 

*支援者のやり方で失敗したら、後悔だけを募らせることになります。うまくいかないとしても、自分のやり方を貫いてみてはいかがでしょうか。

 

文章:陰と陽

 

関連記事

  1. 伊藤周平『社会保障入門』(ちくま新書):ケアを考えるシリーズ3作…
  2. 空気を読むのと他人の感情を理解するのは別問題【障碍者編】
  3. 障碍者の多くは距離感を改善した方がいい
  4. 勉強をゲーム感覚で行える発達障碍が真の一流となる
  5. 精神科であったやり取り
  6. 精神疾患だと免許が更新されない場合がある
  7. 漢字を書けなくとも履歴書を作成できるという話に感動した
  8. 障碍者は八方美人より一つに打ち込んでみたい

おすすめ記事

どろんこマーケット

安心して楽しい時間を過ごしてもらうことを法人理念とし、感覚統合療法を支援の土台とした就労支援を提供し…

リフレッシュジョブ

当事業所は、利用者に対して、その自立と社会経済活動への参加を促進する観点から必要な訓練及び職業の提供…

障害者活動所アゲハ蝶

・事業者は就労継続支援B型に基づき、利用者の心身の状況等に応じて、その者の支援を適切に行うとともに、…

どんでんどん

事業所は、利用者に対し、健全な環境の下で、社会福祉事業に関する熱意及び能力を有する職員による適切な処…

かけはしカフェ

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP