福祉・医療

障碍者支援の支援員は選べるようにしてほしい

 

 障碍者就業センターにおいて、利用者は支援員を選択することはできない。(選択可能な支援事業所もあるかもしれない)

 

 当事者からすれば、支援者を従業員の中から選択できるようにしてほしい。色々な支援者と接し、自分のためになると思われる人と一緒に就職を目指していく。就職支援のあるべき形に近づいていくのではなかろうか。

 

 障碍者は特性上、相性ははっきりしやすい(程度は異なる)。真反対の思考回路を持つ支援者と当たってしまうと、貴重な時間を無駄にしてしまいかねない。最悪の場合、病気を蒸し返すことにもつながっていく。障碍者のための場所なのだから、当事者ファーストでやっていくのを基本路線としてほしい。

 

 人気投票みたいな方式を採用すると、一定数は選ばれない支援者も出てくると思われる。こんなことをいうのは冷たいかもしれないけど、利用者に必要とされていないのであれば退職届を会社に出せばいいだけのこと。嫌われ者は支援者としての存在意義はないので、完全に排除しても差し支えない。

 

 障碍者の気持ちになるのは難しくとも、考え方を好きな支援者も少なからずいる。当事者のためにも、選択式を全国で展開してほしいと切に願う。

 

*どの支援者とも合わないのであれば、諦めて一人で動きましょう。支援者でなくとも、ためになることをしてくれる人間は必ずいると思います。 

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 就労移行で聞いておきたい質問
  2. A型作業所を社内に作る企業が増えつつある
  3. 6割程度の対人関係を目指そう【障碍者編】
  4. 障碍者支援の問題点
  5. 支援者と知的障碍(発達障碍)は見ている世界が違う
  6. 職場で適応障害を発症する人が増えている
  7. 自分の生き方を貫けるのは才能のある障碍者だけ
  8. モラハラ、パワハラで障碍者の雇用形態に変化をもたらす

おすすめ記事

障がい者就労支援センターストーリー

法人理念「笑顔・安心・はたらける♪」をテーマに、全従業員力を合わせて本人の希望をサポートします!…

コミュニティハウスしずない

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営む事ができるよう、通常の事業 所に雇用されることが困難な利用…

グリーンホーム

コスモスワーク

通所による就労や生産活動の機会を提供するとともに、一般就労に必要な知識・能力が高まった利用者には、一…

ウィズ芦屋

利用者の意思及び人格を尊重して、サービスの提供に努めると共に、利用者の身体及び精神の状況並びにその置…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP