福祉・医療

障碍者支援の支援員は選べるようにしてほしい

 

 障碍者就業センターにおいて、利用者は支援員を選択することはできない。(選択可能な支援事業所もあるかもしれない)

 

 当事者からすれば、支援者を従業員の中から選択できるようにしてほしい。色々な支援者と接し、自分のためになると思われる人と一緒に就職を目指していく。就職支援のあるべき形に近づいていくのではなかろうか。

 

 障碍者は特性上、相性ははっきりしやすい(程度は異なる)。真反対の思考回路を持つ支援者と当たってしまうと、貴重な時間を無駄にしてしまいかねない。最悪の場合、病気を蒸し返すことにもつながっていく。障碍者のための場所なのだから、当事者ファーストでやっていくのを基本路線としてほしい。

 

 人気投票みたいな方式を採用すると、一定数は選ばれない支援者も出てくると思われる。こんなことをいうのは冷たいかもしれないけど、利用者に必要とされていないのであれば退職届を会社に出せばいいだけのこと。嫌われ者は支援者としての存在意義はないので、完全に排除しても差し支えない。

 

 障碍者の気持ちになるのは難しくとも、考え方を好きな支援者も少なからずいる。当事者のためにも、選択式を全国で展開してほしいと切に願う。

 

*どの支援者とも合わないのであれば、諦めて一人で動きましょう。支援者でなくとも、ためになることをしてくれる人間は必ずいると思います。 

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 病院の待ち時間について
  2. 障碍者枠で就労した後の体制を考える
  3. 障碍者、健常者の苦しみは異なる
  4. 精神安定剤を服薬中に事故を起こすと罪が重くなる
  5. パソコンで写真の編集を行うB型作業所の紹介
  6. 障碍者枠はブランクよりも能力を重視することもある
  7. 睡眠導入剤の副作用の説明
  8. 障碍者が一般会社で働く難しさ2

おすすめ記事

第2羽の郷

事業所は、利用者が地域において共同して自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、当該利用者…

一般社団法人ドリームファーム

利用者の能力に合った就労技能訓練を大切にし、次のステップにつなげる支援を行います。…

日本酒の『無ろ過』と『活性炭ろ過』と『無炭ろ過(素ろ過)』の違いと特徴

 知っていると、最初の1杯を選ぶときに役に立つ「無ろ過」と「活性炭ろ過」と「無炭ろ過…

いちごの広場

事業所は、各支援を利用する利用者が自立した日常生活または社会生活を営むことができるよう、当該利用者の…

就労継続支援B型 あんみつ姫

利用者の意思及び人格を尊重して、常に利用者の立場に立ったサービスの提供に努めます。地域との結びつきを…

新着記事

PAGE TOP