人生

助けてもらえる人、見放される人

 

 純粋な心で頑張っていれば、誰かに助けてもらえる。そういう経験をしたことはありませんか。

 生涯で一度もないというのであれば、本心で助ける価値がないと判断されたことになります(純粋な心をどこかに置き忘れてしまったのでしょう)。困ったときに放置される人間は、必要とされていなかったことになります。

 地位や権力で他人を押し付けているだけで、人望をまったく得ていない人間がいたとします。そのようなタイプはどのように動いたとしても、本当の意味で感謝されることはありません(善意、悪意のどちらも最悪の結果を生み出すことで、信用を失っていきます。天は起用に使いこなすことを許したりはしません)。

 社会には残念ですけど、打算、利用価値で行動する人間で溢れかえっています(99パーセント以上はそうでしょう)。根元から腐りきっており、純粋な心が置き去りになっているように映ります。

 そういう人には優しさは舞い込んでくることはありません。偽物と接し続ける日々を送ることになります。

 不幸になっていく(他人の感情を掴めない)人間の大半は、他者を利用することしか考えないからそうなっているだけです。底の部分が腐っているから、肝心な時に手を差し伸べてもらえなくとも、ざまあみろとしか思われません。救いの手ではなく、悪魔の手を差し伸べられることになります。 

 他人の心を引き寄せるには、打算を働かせることなく動くことが大事かなと思います。人間は稀ですけど、損得勘定抜きで他者を助けたいという思うこともあります。優しさを学んでいない人間の大半は嘘だというでしょうけど、そういう部分は確実に存在します。

 他者の心を手繰り寄せることに成功すれば、多少のことを認めてもらえるようになります。(職場で思わず口にしてしまった、異性に髪の毛を触ってみたいというのも快く承認してくれたことには感謝しています。セクハラになりかねないところを助けてもらえるのは早々ありません。高校時代の大失敗もお咎めなしでしたし、好意を持っていた異性に対しての接触も問題なかったと思います。常識の欠如ゆえに、女性に対してのいきすぎた発言が多かったですけど、大人になってからセクハラ認定されなかったことは救いでした)

 他人の心を掴みたいのであれば、純粋さを身につけましょう。そうすれば、見える世界が劇的に変わるかもしれません。許してもらえる範囲を広くすることで、人生はとっても楽しくなっていきます。

 

文章:陰と陽

 

関連記事

  1. 自分の生き方を貫けるのは才能のある障碍者だけ
  2. 人間の苦しさの大半は自業自得
  3. シャーデンフロイデと社会性について
  4. 他人の評価を落とし続ける人の特徴
  5. 「凡人」でも努力すれば実績を残せる
  6. 悪口ばかりをいう人
  7. いいことをしていると他人は応えてくれる
  8. 1人の優れた人間は10000人の凡人よりも優れた実績を上げる

おすすめ記事

ココア

事業者は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、利用者に対して、当該利用者の身…

木の香らんど

【基本理念】人としての誇りを大切にし、地域社会で共に暮らせるよう支援します。〜「人権」「自立」「社会…

りぼん就労支援・生活介護センター

就労継続支援B型事業、A型事業の実施に当たって事業者は、利用者が基本的人権を享有する個人としての尊厳…

相談支援事業所 クローバー

事業の実施に当たっては、利用者の意思及び人格を尊重し、常に当該利用者の立場に立ったサービスの提供に努…

障害福祉サービス事業所 you愛

障害者総合支援法の理念に基づき、地域や家庭との結びつきを重視しながら就労や生産活動の機会を提供し、関…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP