福祉・医療

障碍者との勤務に賛成か反対か

 

 健常者が障碍者と一緒に働くのは賛成、反対のどちらの意見を閲覧しました。

 

 賛成の意見(一部には反対の内容も含む)

 

・障碍者の働く場所を阻害する権利はない

・適切な部署に配置されているのであればよい

・得意な分野なら力になることもあるから

・障碍が軽いのであれば問題ない

・簡単な仕事であるならよい

・隠して働くのは反対(重度知的障碍も難しいのではないかという意見もある)

・単純作業では重宝されるのではなかろうか(健常者が飽きることをやってくれるのはいい)

・良い刺激を得らえるから

・環境づくりによっては賛成

・他者にはない思いやりを持っている

 

 反対の意見

 

・自分の仕事が増えてしまうから

・同じことを何度説明しても理解できないのであれば、手間がかかってしまう

・適正でない場合はお断りというスタンス

・知的障碍者は他者を傷つけるイメージがある。

・パニックになる人などは無理

・足の引っ張り合いをする

・カバーすることができない

 

*◎の部分は当事者として経験がありますので、そのように思われてもしょうがないかなと思います。

知的障碍クラスとなると苦手な部分はまるで戦力になりませんし、マイナス発言で社内の空気を悪くする人はたくさんいます。(ネガティブが強すぎる) 

 

 他の意見

 

・身体ならいいけど、知的、精神は嫌というパターン

・反対に身体障碍者は設備費がかかるので嫌だというのもありました。

 

*こちらについては職種でわかれるのかもしれません。

 

 偏見を持っている人もいれば、一緒に働いても問題ないという人もいます。個人によって考え方が異なるので、障碍者を受け入れてもらいやすい職場に身を置けるといいと思います。

 今回は一部のみを記したので、他にもいろいろな理由があるかもしれません。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. B型作業所でeスポーツのプロでお金を稼ごうというものがあった
  2. 障碍者の一部は交流会の参加、交友作りに消極的
  3. 薬の副作用は薬効成分以外にも原因がある
  4. マシンガントークの傾向がある人
  5. 土、日もオープンしている支援機関もある
  6. 鍼治療を受けてみた感想
  7. 自分のやり方を模索してみよう【障碍者編】
  8. 結果主義は障碍者にとって生きにくい

おすすめ記事

障害福祉サービス事業所 多賀の里

事業所は、利用者個々の意向、趣向、障害の特性その他の事情を踏まえた個別支援計画を作成し、これに基づき…

『出来事』

勇気は…一瞬の出来事。でも……

エンデバー

通所よる就労や生産活動の機会を提供するとともに、一般就労に必要な知識、能力が高まった方は、一般就労に…

博多区第1障がい者基幹相談支援センター

利用者がその有する能力及び適正に応じ、自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、当該利用者…

就労継続支援B型 大地

利用者がその有する能力及び適性に応じ、自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、事業者が個…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP