時事問題

コロナを悪意で撒き散らす人間は逮捕、収容してほしい

 

 コロナウイルスが蔓延しているにもかかわらず、福岡県のキャバクラで集団感染したというニュースを耳にした。

 

 世間であれだけ騒がれているにもかかわらず、一番の感染源となりうるキャバクラを利用する感覚はわからない。店が開いているから行ったといえばそれまでなのだろうけど、周囲の状況をきっちりと考えてほしいところ。

 

  行動自粛している中での感染は責められないけど、故意にコロナウイルスを撒き散らすような人間は逮捕状を取ってもよいのではなかろうか。自分から感染源に行き、他者の命を奪うのは殺人でしかない。

 

 自由に行き来する人間を野放しにしておけば、日本を壊滅させかねないリスクをはらんでいる。見せしめのためにも、芽は摘み取っておきたい。警察には毅然たる行動を取ってほしい。

 

 会社は軽率な行動を取った社員に堂々と損害賠償を請求してもよいと思う。コロナ感染による会社閉鎖、風評被害などで甚大な損害を負う。わずか一人によって窮地に立たされ、最悪倒産に繋がるリスクもある。

 

 逮捕による監獄、会社から損害賠償を避けられたとしても、自発的にコロナウイルスを発症したとなれば社会からの信用はがた落ち。解雇通知をされることもありうるし、キャバクラに通っている事実によって離婚問題に発展する可能性もある。軽い気持ちでやっていたとしても、自分の人生を台無しにしてしまいかねない。

 

 誰かのためにコロナウイルスにかからないでほしいと、偽善者ぶったことをいうつもりはない。自分の命を守るために、移動の自粛をすべきではなかろうか。個人の身勝手な行動によって、国民生活に制限をかけるような法案を可決されたら後悔してもしきれない。自粛要請で済んでいるときに、ものごとを解決すれば国の余計な介入を防ぐことにもつながる。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 京アニ放火事件の背景
  2. 親族であっても患者と面会できない現状
  3. 車椅子バスケットがパラリンピックから除外される可能性がある
  4. 路線バスの低迷で地方の足が消えていく
  5. コロナに罹らないではなく、発症してもウイルスを撃破する身体づくり…
  6. 熱戦が続いている、ラグビーとバレーボール
  7. 学校教員はブラック環境で辛いと言うが、自業自得だ
  8. 節分に恵方巻を食べる理由

おすすめ記事

周南あけぼの園

障がいを持つ人の「働く・暮らす」を支える施設としての役割を自覚し、充実した事業の展開を図る。…

西ノ島町障害者相談支援センター

 利用者等の意思及び人格を尊重し、常に当該利用者等の立場に立って行うとともに、利用者が自立した日常生…

大樹児島作業所

事業所は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、就労の機会を提供するとともに、…

支援センタークローバー

障がいのある人たちに対して日常生活及び社会生活を総合的に支援する事業を行い。いつでも、この地域で安心…

B型作業所の工賃の差はあり、なし?

  沖縄県のB型作業所で、工賃を9段階に分けて支給しているのを発見しました。(事業所…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP