福祉・医療

障碍を打ち明ける難しさ

 

 世間ではコロナウイルスが流行しています。日本国内で確認された感染者数は1万人を突破しそうな勢いで、検査をしていない人を含めると数万人に達していても不思議はありません。ロックダウンを実施しなければ、国内で100万人コロナ時代が到来するでしょう。桁がもう一つ増える確率もゼロではありません。

 

 コロナウイルスを発症した同じ大学生がアルバイトを解雇されました。当人に非はないにもかかわらず、同じ学校というだけで危険とみなされたようです。過激な行動は一部にとどまっているでしょうけど、偏見を持っている人間がいることは確かです。

 

 コロナウイルスは大変ですけど、いずれかは収束の方向に向かっていきます。特効薬が開発されさえすれば、何事もなかったかのように時は流れていくことでしょう。辛いと感じるのは今だけです。一年、二年我慢すればよいのです。

 

 発達、知的、身体障碍者などはそうはいきません。一度発症してしまったら、生涯つきあっていく必要があります。一瞬で障碍を治療できる薬の開発がない限り、不自由を余儀なくされます。

 

 障碍者は自分の病気を打ち明けていいのか悩んでいます。日本では皆は同じであるべきという意見から、少数派を嫌う傾向にあります。そのような状況下で、障碍者であることを打ち明けたらどのように思われるかわかりません。障碍者手帳をどうしても公開しなければならない状況にならない限り、伏せておこうとするのが自然な心理といえるでしょう。

 

 他の障碍についても同様です。周囲から弾かれないために、極力伏せようとします。常識に打ち明けてほしいという人もいますけど、差別論の存在がある限り、一人で抱え込む選択肢を取ります。

天秤にかけたとき、隠しておいた方がメリットは大きくなるからです。

 

 日本で障碍を打ち明けられる環境を作らない限り、障碍者の生きにくさは改善されることはありません。そのときはやってくるのでしょうか。

 

文章:陰と陽

 

*差別する人かを判別するために、思い切って打ち明ける方法もあります。切るなら切ってくれという割り切りをするのも一つの手かもしれません。隠しながらうまくいっていても、得られるものは皆無でしょう。

 

 

関連記事

  1. どの時代も、いじめはなくならない
  2. 障碍者はいじめに遭いやすい
  3. 障碍者の働くうえでの苦悩
  4. 発達障碍プロジェクト(発達障碍者向けサイト)
  5. 広井良則『持続可能な医療─超高齢化時代の科学・公共性・死生観』(…
  6. デイケアのプログラムについて【障碍者編】
  7. パラリンピックに知的障碍者部門がないのは健常者を参加させたチーム…
  8. 障害のある方でも福祉関係の仕事で働けるのか⁉

おすすめ記事

作業所創

在宅の身体・知的・精神に障がいのある者が集い、それぞれの個性に適した作業訓練や実際の軽作業(仕事)を…

瀬戸内工房

就労に必要な知識、能力向上に必要な訓練、社会人としてのルールの指導を行う。 就職活動希望者に対しての…

就労支援センター あじさい

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、利用者に対して就労の機会を提供するととも…

指定地域相談支援事業所 まさき育成園

・利用者が地域において自立した生活又は社会生活を営むことができるよう、常時連絡体制を確保し、障害の特…

中土佐町相談支援事業所

1項 事業は、利用者がその有する能力及び適正に応じ、自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよ…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP