人生

障碍をプラス、マイナスに取りやすいパターン

 

 私の人生の中で、障碍者を受け入れてもらいやすいタイプをあげていきます。

 

・変わった個性を好きなタイプ

 一部には趣味などが変わっている人間もいます。そういうタイプにとっては、障碍者の個性はいい方向に作用するかもしれません。

 

・個性を面白いと思うパターン

 非常に重要かなと思います。変人と感じる人は避けた方が無難だと思います。

 

・O型の女性

 個人の体験談から、O型の女性はプラスの取る傾向がありました。(たまたまだったかもしれません)

 

・人の話を聞くのが好き

 最低限の相性は保証されていると思います。

 

・短所より長所をみてくれる人

 重要な要素です。これがないと、どうにもなりません。

 

 障碍者は避けた方がよいパターンも存在します。こちらについてもあげていきます。

 

・融通の利かないタイプ(優秀な人間もしくはプライドが高い)

 障碍者のことを認められないので、近づかない方がよいと思います。

 

・型にはまっているのを好む

 健常者はこういう人が多いと思います。障碍者にとっては地獄絵図になるので、距離を取っておきましょう。

 

・一般人と同じように扱うパターン

 障碍者の個性を認められない確率が高いので、なるべく関わらないようにしましょう。

 

・自分のことで一杯一杯な障碍者

 他のことに手を回せないタイプは、手のかかるタイプは向きません。

 

・A型

 一緒にいると居心地が悪くなります。

 

*個人差があるので、一個人の意見だと思っていただけると幸いです。

 

*障碍者同士は仲良し、仲たがいのどちらもありえます。デイケアの人はあまり仲良くないという意見に賛同していました。(本心かどうかはわからない)

 

文章:陰と陽

 

 

 

関連記事

  1. 障碍者枠で就労した後の体制を考える
  2. 障碍者本人が主役になろう
  3. 働きアリの法則
  4. 知的障碍者の行動
  5. A型作業所に通う場合の注意点
  6. 主張の強い者は他人の感情を粗末に扱う
  7. B型作業所の待遇は事業所によって異なる
  8. 竹炭、竹酢などを製造するB型事業所の紹介

おすすめ記事

指定就労継続支援B型事業所そだてらす

就労を希望する障がい者に対し、水耕栽培により野菜の生産活動の提供を実施し、商品が店頭に並ぶことで社会…

就労支援センター「グリーン」

1.利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、利用者に対して就労の機会を提供すると…

障がい者サポートセンターラクセル

ウェルサービス今山

別府第1ワークセンター

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、利用者を雇用し就労の機会を提供するととも…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP