コラム

居心地を良くしたい利用者同士の会話

 

利用者A「利用者の立場に立つことはできなくとも、障碍について肯定的な人がいいな」

 

利用者B「そうだね。障碍者を嫌いな支援者だけは絶対に嫌だね」

 

利用者C「上から見下してくる支援者も嫌じゃない」

 

利用者A「そうだね。障碍者に対して優越感を持っている支援者もいるよね。いったい何様なのかな」

 

利用者C「そういう支援者は解雇できればいいのにね。利用者にそういう権限を持たせてほしい」

 

利用者B「支援員がいなくなったとしても、そっちの方がいいよね。障碍者を腫れものさながらに扱ってくるのは耐えられない」

 

利用者A「障碍者施設をよくするために、署名を集めてみてはどうかな。利用者一人一人が行動を起こすことで、支援機関は良くなっていくんじゃない」

 

利用者B「賛成。声を届けないと、何も始まらないよね」

 

利用者C「いい案だね。同志を募って行動してみよう」

 

利用者Aが俯いているので、利用者Cは心配になったようだ。

 

利用者C「どうかしたの」

 

利用者A「行動してもいいのかなって思ったの。利用者の分際で生意気だっていわれそうじゃない」

 

仲良しの利用者Dが会話に加わった。

 

利用者D「うん。障碍者に人権はいらないって考える支援者も一部にいるからね」

 

室内に静けさが漂ったのち、利用者Bが呟いた。

 

利用者B「障碍者の人権をもっとほしいよね。生まれたきた瞬間に、損をするのが確定しているっておかしくない」

 

利用者Cが神妙な面持ちで頷いた。

 

「うんうん。年収、結婚といった待遇で差を受けるものね。何のために生きているんだろうね」

 

室内が静まり返った。利用者4人はそれぞれの思いを胸に秘めていた。 

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 聴覚障碍者向けの就労移行支援事業所がある
  2. 障碍者支援の矛盾
  3. ショートショート『幸せな家庭が続くといいな(女神の祝福)』
  4. A型、B型作業所から一般就労しようと思う利用者が取る行動
  5. 小説:『自分の道(6)』
  6. 精神安定剤はアルコール、ニコチン中毒と同じで依存しやすい
  7. 格差を生み出す要因
  8. 支援の充実している就労移行支援事業所の紹介

おすすめ記事

ワーカーズコープ青井

コーチ共同作業所

将来の事を考えながら、毎日楽しく生きていく事…

ワークセンターえるむ

指定就労継続支援B型事業は、利用者が充実した日常生活又は社会生活を営むことが出来るよう、通常の事業所…

ガンプラについているブランド解説!

お待たせしました!前回の『ガンプラ解説!(初心者必見)』という記事は、見ていただ…

JESD 横浜

弊社では、就労できる適切なタイミングになった段階で積極的に就労準備に入り、実際に就労し事業所を卒業し…

新着記事

PAGE TOP