コラム

不思議な話『ポテトチップスが一瞬にして消えた』

 

 男はトイレを済ませたあとに、残りのポテトチップスを食べようとしていると、中身がなくなっていることに気づきました。ほんの数分前までは半分くらいあったのに、どこに行ってしまったのでしょうか。

 

 目を話したのはほんの数分です。窃盗犯では鍵を開けられたとしても、食べるところまで行きつきません。仮に一瞬で食べていたとするなら、かけらがあちこちに散らかっているはずです。

 

 妥当な考え方としては、母に食べられてしまったパターン。ポテトチップスを半分食べるくらい、造作もないことです。慌てて食べなければ、欠片を落とすことなく完食できるでしょう。

 

 男は母親にポテトチップスのありかを尋ねることにしました。胸の内では犯人であると決めつけていますが、そのことは口にしませんでした。むやみに犯人扱いすると、喧嘩に繋がりかねません。

 

「かあさん、ポテトチップスを知らない」 

 

 母の答えは期待していたものではありませんでした。

 

「知らないわよ。あんたが食べたんじゃないの」

 

 男の脳内は一時的な混乱状態に陥りました。母でないのであれば、誰がポテトチップスを食べてしまったのでしょうか。

 

 ポテトチップスは生き物ではないため、己の意志で動いたというのは現実的ではありません。実際に起きたとすれば、怪奇現象としかいえません。

 

 男はポテトチップスを探し続けるも、見つかりません。ポテトチップスごときに、時間をかけていられないと思ったのか、新しいものを購入することにしました。

 

*どうしてなくなったのかというと、母親が間違って捨ててしまったからです。中身は空っぽであると決めつけていた女性は、中身入りの袋を捨ててしまいました。

 息子の前に同じ袋が現れたのは、中を綺麗に洗ったものを偶然保存していたからです。あとは知らんぷりをすることで、見事に責任逃れを達成しましたとさ。

 展開を知らない少年からすれば、ポテトチップスは自分で飛んでいったことになります。不思議な話と名付けたのはそのためです。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 短編小説『どうしようもない男に鉄槌を下す時がやってきた』
  2. 子供の頃の夢
  3. ショートショート『自業自得が招いた不幸の連続』
  4. 小説:『君と共に生きられたら 上』
  5. 岡崎 琢磨『珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹…
  6. ショートショート『幸運をもたらす亡霊』
  7. 物語の一巻目を簡単に解説! 第九回【ひまわりさん】
  8. 炊事がルーティン化した母親の胸中

おすすめ記事

A型作業所の給料、B型作業所の工賃はどれくらいなのか?

 A型作業所、B型作業所に通所する就職率を引き上げるいう目標を設定した。A型では1.…

サニーズ東区役所前

事業所は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、就労の機会を提供するとともに、…

ぱにーに花見事業所

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、就労うの機会を提供するとともに、生産活動…

シルビアン相談支援事業所

指定計画相談支援等の事業は、利用者等の意思及び人格を尊重し、常に当該利用者等の立場に立って行うととも…

六戸町社会福祉協議会相談支援事業所

居宅において単身で生活する障害者等、地域生活を継続していくための常時の連絡体制の確保による緊急時等の…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP