レジャー

コロナウイルスで選抜中止

 

 2020年3月19日を迎えた。本来ならばブラスバンドでの応援、「カキーン」という打球音、「やったー、よっしゃー」という歓声などが、テレビから届けられるはずだった。10点差であったとしても、決してあきらめない姿勢は、消化試合の許されるプロ野球にはないものといえる。

 球児も選抜の代表に選ばれたときは、その光景を思い浮かべていたと思われる。母校の応援に参加する、吹奏楽部なども選抜の応援に向けて時間を割いたのではなかろうか。

 選抜初出場の高校は白樺学園、加藤学園、鹿児島城西(ここまでが一般選抜)、帯広農、平田(21世紀枠)と5校あった。彼らは他校よりも胸に希望を膨らせていたのではなかろうか。

 球児や学校関係者の希望は一瞬にして打ち砕かれることとなる。中国の武漢で発生したコロナウイルスの影響を受けて、高野連が3月11日に大会の中止を決めた。甲子園で試合をさせてやりたいという気持ちはあっても、世間からの反発は予想に以上に大きかった。それを受けて、開催は難しいと判断したものと思われる。

 球児たちは甲子園の土を踏むことを目標にして、厳しい練習を積んできた。コロナウイルスによる中止を覚悟していたとはいっても、実際に開催中止が決まった瞬間のやりきれなさは想像にあまりある。

 春の出場権を獲得しても、夏に甲子園の土を踏める保証はどこにもない。(大阪、奈良、石川、群馬、大分は確実に出場できないチームが現れる。他の県においても予選を勝ち抜ける保証はない)

 人間は自然災害だからと簡単に割り切れる生き物ではない。夏に切り替えていくと大人のコメントを出したチームであっても、本音はやりたかったという気持ちをどこかで捨てきれていない。21世紀枠で選ばれたチームは最初で最後になる確率が高いため、選抜中止の落胆は大きいと思われる。

 高野連は出場予定だったチームへの救済策を検討しているものの、方法は明らかにしていない。せっかく選抜の出場権を勝ち取ったのだから、一戦くらいは試合をさせてあげたいと切に願う。球児の夢を叶えられるかは、大人の腕にかかっている。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. USJにマリオがやってくる
  2. タッチパネルの注文だけで回転寿司を食べた感想
  3. 高校野球の兵庫大会は甲子園を使用していた
  4. コロナウイルスの広まりで市場からマスクがなくなる
  5. 消費増税による家計負担
  6. ハンカチ王子はなぜ現役を続けられるのか
  7. 消費税10%の時代がやってきた
  8. ラグビーのルールを知らない人のために!

おすすめ記事

地域支援センター ライフネットゆうばり

就労支援センターJOBスタ

関係法令を遵守し、他の社会資源との連携を図った適正且つきめの細やかな就労継続支援B型のサービスの提供…

エーアンドエム

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、専ら障害者の日常生活及び社会生活を総合的…

障害者就労移行支援サービス ウィング直方

利用者一人一人が自分らしい社会生活をすることができるよう、利用者の意思及び人格を尊重し、当該利用者の…

麦の家

関係法令を遵守し、他社会資源との連携を図った適正かつきめの細やかな就労継続支援B型サービスの提供を図…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP