時事問題

マスクはタイミング次第で購入可能

 

 トイレットペーパー、ティッシュペーパーなどの騒動は一段落したのか、店頭で見かける機会が増えた。(一部の地域では入荷が滞っている模様)

 尼崎の店舗では2週間ぶりに、箱入りのティッシュが売られているのを確認し、入れ替え用は山積みとなっていた。トイレットペーパーもまずまずの在庫があった。

 トイレットペーパー、ティッシュは見かけるようになったものの、マスクを店内についてはなかなか普及しないまま。100円ショップ、薬局などで定期的(時間は未定)に入荷しているものの、瞬く間に売り切れる。

 スギ薬局などでは開店の数時間前から、マスクを求める行列が並んでいる。開店時刻に店を訪れたとしても、マスクは完売する。こちらで入手するためには、長時間を待つ覚悟が必要となる。

 薬局の行列はインターネットの情報が起源となっているものと思われる。インターネットで朝早くにマスクを入手したという情報が流れている。高確率でゲットできるとあって、時間を惜しまない人が増加傾向にある。

  長蛇の列に並ぶ際は、平日の方が効率的と思われる。休日はライバルが増えるため、入手率はぐっとさがる。ただ、仕事勤めをしている人たちは、休日を除いて行列に加わるのは難しい。それゆえ、入手するためには休日に並ぶ覚悟が必要とされる。

 行列に並ぶよりも確率はぐっと下がるものの、タイミング次第でマスクを見つけることもできなくはない。100円ショップ、もう一つは薬局などで昼間に売られていたと耳にした。会社帰りのコンビニでマスクを買ってきたという話も聞いたことがある。時間に余裕がない人であっても、運がよければ店頭で買い求めることは不可能ではない。諦めずに探すことで、品薄の商品を入手する機会を得られるのではなかろうか。

 マスク業界の人たちはフル稼働で生産している。3日ぶりに家に帰るという激務ぶりである(会社によって異なる)ため、店に陳列していないからといって不満をいわないようにしたい。購入できたときは、心の中でありがとうを届けたい。

 花粉症の時期にさしかかり、マスクを必要としている人たちも増加傾向にある。鼻の病気で困っている方たちの手元に届けられるといいなと思う。 

 

文章:陰と陽

 

 

関連記事

  1. 節分に恵方巻を食べる理由
  2. テニスの全米オープンで途中棄権したジョコビッチ選手を擁護する
  3. モラハラ、パワハラで障碍者の雇用形態に変化をもたらす
  4. 品切れの商品を目にしたら購入する心理
  5. タッチパネルの注文だけで回転寿司を食べた感想
  6. 教師の採用方法を変えた方がいい
  7. 重度知的障碍者を殺害した父への判決
  8. ハンカチ王子はなぜ現役を続けられるのか

おすすめ記事

さぎ草会共同作業所

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことが出来るよう、就労の機会を提供するとともに、生産活動そ…

こころ

事業所は,利用者と雇用契約を締結し,障がい者に対し就労の機会の提供その他の便宜を適切かつ効果的に行う…

『平坦な道だけじゃない』―道は、その人の人生そのものー

どんなに平安な道も…必ずどこかは…でこぼこな…

南区第3障がい者基幹相談支援センター

利用者が、地域において自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、事業者が利用者に対して必要…

就労継続支援事業所 エコ・ファクトリー

当事業所は利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、就労の機会等を提供し、地域にお…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP