福祉・医療

障碍者は見えないところでお世話になり、見える形で被害を被る

 

 障碍者は程度の差はあれど、目に見える形でミスをする。そのことによって健常者の仕事を増やす。自分の仕事で一杯一杯なのに、尻拭いをしていることになる。

 支援員はミスのカバーの他に、裏で障碍者が働くための環境づくりに追われている。無給(無休)の時間外労働を行ってまで、書類の完成に力を入れる。A型作業所では施設外への交渉なども行っている。

 介護施設(障碍者雇用)では、障碍者に苦労を直接伝えるのはタブーとされている。利用者が委縮しない(居心地の良い)環境づくりを求められる。

 本来ならば障碍者は健常者に対して、恩義を感じるはずである。そうならないのは、目に見える形で健常者から潰される(退職に繋がる)ことをされているから(筆者にたとえるなら、一ヶ月でA型作業所が閉鎖した経歴を持つ)

 人間は目の前で起きたことでしか判断しないため、裏での力添えに感謝することはない。基本的に敵とみなす。健常者の裏での努力は全くといっていいほど、評価につながらないのが実態なのである。健常者はものすごく損な役回りをしているといえる。(お金になる仕事を取るために、どれだけ頭を下げ、傷つけられたかは考慮されない)

 健常者の感性が磨かれない限り、この状況は変わらない。悲しいかもしれないけど、現実を変えるのは容易でないといえよう。

 

文章:陰と陽

 

関連記事

  1. 障碍者はどのような分野に就職するのか
  2. 障碍者手帳の基準が全国で統一されていないことに違和感がある
  3. 障碍者、健常者は信頼し合えるのか
  4. 非公開求人(障碍者枠)について
  5. A型で在宅勤務を取り入れている作業所もある
  6. 障碍者手帳は社会で躓いた障碍者が取得している
  7. 三環系抗うつ薬
  8. 障碍者が一般会社で働く難しさ1

おすすめ記事

ライフサポート杏の里 就労継続支援B型事業所

精神障がいをお持ちの方の社会復帰をめざし、生活リズムを整えながら作業をすすめていく。…

大阪ろう就労支援センター

怖い話『お前は死んでるのか?!』

スマートスピーカーなるものを購入しました。話しかけると今日の天気…

在宅就労支援事業団 那覇 どこでもWork

障がいや難病をお持ちの方の中には、少しでも社会の役に立ちたい、生きている ことを実感したい、だから働…

SOHOさんあい

障がい者の基本的人権を守り、利用者の自己決定を尊重し利用者がその有する能力に応じ、地域の中で自立した…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP