コラム

バスの中で酔っ払って寝る

 

 バスの中で酔っ払って寝ている、60くらいの男が目についた。浅い眠りではないことからして、何駅も前から眠っているものと推測される。

  後ろにもたれかかるならまだしも、 横になっている男は4席分くらいを1人で占領していた。常識を身につけている人間であるならば、多くの人が使用する場所でよくそのようなことができるなと思うだろう。

 口論になりたくないからか、誰も起こそうとはしていなかった。バスの運転手も注意しに行くことはなかった。近年は逆切れされる確率も高いため、そっとしておくのが無難といえそうだ。自分に危害が加わっては元も子もない。

 バスの中で席を占領するという非常識極まりない行動の中で、異常なまでに図太い神経をしている部分を取り上げてみたい。並大抵の人間はバスの中で横になりたいと考えても、行動に移すことはしない。皆にどのように思われてもいいんだという、神経は少しだけ見習ってもいいのかもしれない。(日本人は律儀で、他人の視線を気にしすぎる)

 常人では取りえない行動をするのも人間。こういう場面で慌てふためかないように、日頃から鍛錬を積んでおくのもよいのではなかろうか。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 小説:『知的障碍を発症した女性は、入院先で少女と出会う 上』
  2. 小説:『彼女との約束(7)』
  3. 小説:『知的障碍を発症した女性は、入院先で少女と出会う 下』
  4. ショートショート『魔法の薬は悪夢へのカウントダウンだった』
  5. ちくま新書の「【シリーズ】ケアを考える」
  6. ショートショート『大きな世界に飛び込むのを応援する彼女』
  7. 小説:『彼女との約束(5)』
  8. ブロックチェーンから見えてくる「未来予想図」

おすすめ記事

チーム情熱

トライピース

利用者の社会経済活動への参加を促進するために、知識及び能力の向上に努める。 また、地域や家族との結び…

石巻市社協かしわホーム

1 この事業所が実施する事業は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、利用者に…

ホープスオンデマンド

希望に満ち溢れた日々を送って貰う為、利用者様に楽しく過ごして頂く事を念頭に置いて頑張っています。…

KIKI

事業所が行う指定就労継続支援(B型)の事業所は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができ…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP