人生

他人の不幸を願うのは人間の自然な心理

 

  人間が他人の不幸を願うのはどうしてだろうか。

 簡単に結論をいうと、他人が不幸になることで自分が幸運になるように社会が構築されているから。棚から牡丹餅という言葉は、第三者の不幸からきているように思うこともある。

 事故、事件などで死者が出たとしよう。遺族などは悲しいかもしれないけど、これによって救われる人間が出てくるのも事実なのである。公務員などの定員が決まっている職種においては、最後の一枠に食い込む人間が現れる(合格と不合格は天と地ほど異なる)。一般会社などにおいても、欠員補充をするため、そこに転がり込むことで幸せになる可能性を秘めている。よほどの才能を所持していない限りは、誰かから奪い取る人生しか送れない宿命から逃れることはできない。

 本日も誰かが不幸になることで、幸せを享受している人間がいる。そういう一面が人間社会から完全に消え去らない限り、他人の不幸を望む人はいなくならない。認めたくない人もいるかもしれないけど、人間というのは心は大なり小なり腐っているのを頭にとどめておきたい。そう思うことで、人間関係を考え直す機会になるだろう。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. いつかできるから今日できるへ
  2. 才能のある人は無自覚に人を傷つける
  3. 誰もが辿るプロセス
  4. 格差を生み出す要因
  5. 才能のある障碍者は、藤井聡太新棋聖のような生き方を目指してみよう…
  6. 人生は不平等だが光も差し込んでいる
  7. 人生は諦めの連続
  8. 障碍者にも希望はある

おすすめ記事

ジョブジョイントおおさか

就労支援事業所「よつば」

あそかの園

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、利用者に対して就労の機会を提供するととも…

ホーリーツリー西部

障害者就労継続支援事業所B型 ほっとホーム富希

事業所は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことが出来るよう、利用者に就労の機会を提供すると…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP