人生

他人の不幸を願うのは人間の自然な心理

 

  人間が他人の不幸を願うのはどうしてだろうか。

 簡単に結論をいうと、他人が不幸になることで自分が幸運になるように社会が構築されているから。棚から牡丹餅という言葉は、第三者の不幸からきているように思うこともある。

 事故、事件などで死者が出たとしよう。遺族などは悲しいかもしれないけど、これによって救われる人間が出てくるのも事実なのである。公務員などの定員が決まっている職種においては、最後の一枠に食い込む人間が現れる(合格と不合格は天と地ほど異なる)。一般会社などにおいても、欠員補充をするため、そこに転がり込むことで幸せになる可能性を秘めている。よほどの才能を所持していない限りは、誰かから奪い取る人生しか送れない宿命から逃れることはできない。

 本日も誰かが不幸になることで、幸せを享受している人間がいる。そういう一面が人間社会から完全に消え去らない限り、他人の不幸を望む人はいなくならない。認めたくない人もいるかもしれないけど、人間というのは心は大なり小なり腐っているのを頭にとどめておきたい。そう思うことで、人間関係を考え直す機会になるだろう。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 生を肯定する哲学についての覚書
  2. チャレンジしなければ成功することはない
  3. 優秀な人間は接しにくい
  4. 悪口ばかりをいう人
  5. 助けてもらえる人、見放される人
  6. 性格診断・心理テスト3選!
  7. あなたと働いているのはクラッシャー上司かも
  8. 人生はすれ違いの連続

おすすめ記事

『手を伸ばしても…』―届かないものもある―

空に大きな雲が一つ。その雲を捕まえたくて…思…

リヤン

就労支援インクル 

事業所は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、就労を希望する65歳未満の障害…

ひとつぶのたね

障害を持つ人の個々の特性を理解し、就労に向けて苦手な事を克服するための援助をし出来る事を増やして、働…

EDDY

新着記事

PAGE TOP