時事問題

スキー場の63パーセントは赤字経営

 

 スキー人口は年々減少し、昨年度は25年前の3分の1以下まで落ち込んだ。 

 スキー人口減少の煽りを受けて、赤字経営のスキー場が増えている。昨年度は63パーセントのスキー場が赤字経営だったとのこと。おおよそ3分の2は経営すれば、損失が出る状態になってしまっている。

 一部では閉鎖の動きも始まっている。長野オリンピックで使用されたスキー場が、赤字化により閉鎖することになった。時代の流れとはいえ、なんとも悲しいものである。

 筆者の地元のスキー場も10年連続で赤字が続き、今年度は満足な積雪が見込めないという理由でオープンしなかった。昨年からは集客の見込める金~日曜のみと運営となっており、経営の厳しさがはっきりと伝わってくる。過去に土、日以外は従業員をあまり雇えないとは耳にしていたものの、ここまで悪化しているとは思わなかった。近いうちに閉鎖している可能性は捨てきれない。

 雪不足でオープンできないスキー場が多いと話題になったけど、現実的な問題はさらに根深い。赤字を解決できない限り、どんなに積雪があったとしても宝の持ち腐れだ。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. モラハラ、パワハラで障碍者の雇用形態に変化をもたらす
  2. きっちりとした教育を行わないと、レベルの低い人間が増えていく
  3. 第3塁医薬品に指定されているうがい薬を転売すると罪に問われる
  4. 精神障碍者の自殺問題(大阪)について
  5. コロナを悪意で撒き散らす人間は逮捕、収容してほしい
  6. 京アニ放火犯人の事情聴取始まる
  7. 東京五輪:マラソン、競歩どうなる??
  8. コロナ自粛は別の意味の危険性を伴う

おすすめ記事

アストルテ

1.利用者が自立した日常生活または社会生活が営むことができるよう、就労の機会を提供するとともに、生産…

self-A・ハニービー山形

共同作業所 ゆら・ら

この事業所が実施する事業は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことが出来るよう、利用者に対し…

「居てもいい場所」―自分にとって心地のいい場所を探そうー

ねぇ!教えて…あたしの居場所って…どこにある。今の居場所が…辛い?だから…

ココ・アシスト西宮

1.事業所は利用者に対して、その自立と社会経済活動への参加を促進する観点から保護並びにその更生に必要…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP