福祉・医療

広く浅くが唱えられる限り、発達障碍は生きにくい

 

 広く浅くいきなさい。その概念が社会に広がっていくことが、発達障碍の生きにくさを助長している、

 当事者の一部には、一般人がそのようなことをいう理由がわからない人もいるだろう。深く狭くやった方が大成させられる確率は高い。

 あっちこっちに手を出している人間というのは、基本的に一定のところで止まってしまうように感じる。器用といえば聞こえはいいけど、要は力のなさを隠すためにそのようにしているだけのこと。八方美人でなければ生きられない時点で、優れた部分を持っていないことを公にしてしまっている。

 真の才能を持っている発達障碍者(アスペルガーなどを含む)には深く狭くを進めたいと思う。得意分野一つに絞ることで、大成させられる可能性がアップする。後ろ盾を作らないことで、集中力、緊迫感の高まりに繋がっていくのではなかろうか。

 社会の常識にそぐう必要性はどこにもない。自分の人生観に合った生き方をするように心がけたいところ。周囲が鬱陶しいと思うのであれば、結果を出して黙らせてしまえばいい。私は才能のある発達障碍者にはそれができると信じている。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 体育会系の人間は、支援員に向かないのではなかろうか。
  2. 発達障碍で障碍者手帳を取得するまでのプロセス
  3. 障碍者、健常者の苦しみは異なる
  4. 障碍者支援は脳を腐敗させなければつけない職業
  5. 厚生年金の加入拡大
  6. いじめは障碍者の継続年数に影響を及ぼすのか
  7. 仕事能力は高いけど接しにくい同僚
  8. 重度障碍者が国政の場で働く

おすすめ記事

コラボステーション宝箱

利用者の自立生活のために就労及び社会経験を豊かにする。…

『流れ星』―かなわない願い事もある―

幼い頃…流れ星が流れて…消えるまでに…&…

ワークショップくんえい

利用者が自立した日常生活又は社会生活が営むことが出来るよう、利用者に対して一定の期間にわたり、生産活…

かつらぎ

いつまでも元気で働きたいという在宅障がい者の方のニーズに応えられる、就労継続事業を行います。本人のア…

就労定着支援はっぴーじょぶ

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP