人生

人間は出会った瞬間が一番楽しい

 

 人間づきあいは出会ったときが一番楽しい。そのように感じたことはないだろうか。

 初めて知り合ったときは相手のことを何も知らない。どのような性格をしているのか、趣味は何なのか、好みなどについて考えることができる。その瞬間がたまらなく快感なのである。

 時がたつにつれて、現実をつきつけられることになる。相手の嫌なところ、気に入らないところが徐々に見えてくる。どのような思考をしているのかもわかってくる。

 相手のプラスマイナスを総合して、プラスが上回っていればいいけど、そうなる保証はどこにもない。(男女の破局、離婚率のデータからすると、悪い方向に進むパターンも多い)

 どちらかの心が離れてしまえば、関係はすぐに終焉を迎える。あんなにも楽しく話していたはずの相手はもうどこにもいない。胸の奥には寂しさが積みあがっていく。こんなことになるのなら、深い付き合いをしなければよかった、と考えることも少なくないだろう。

 深い付き合いをした相手より、すぐに終わった方がいい思い出となる。人生はその一面と切っても切り離せない。(深く付き合うほどよくなることもあるので、完全にそうとは言い切れない。知れば知るほど、楽しいと思う相手を見つけられるといいな)

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 障碍者に送る タモリさんの名言
  2. 一方的な対人関係を築く人が目立つ
  3. 社会から問題のある社員がいなくなるのは夢物語
  4. 「アーケードゲーム」で生計を立てようとした馬鹿者の話
  5. 一般人は見た目ほどいい人生を送っていない
  6. 相手の心を尊重しよう
  7. シャーデンフロイデと社会性について
  8. ヒーローになれない凡人は、敵対しない道を選ぶ

おすすめ記事

charabanc at dispo.

1)事業者は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、就労の機会を提供するととも…

相談支援事業所 光と風

障がいのある方やその家族、または支援されている方々からの様々な相談をお受けし、地域で安心して生活して…

障害福祉サービス事業就労継続支援(B型)彩工房はまゆう

一般就労が困難な障がい者を対象として就労の機会を提供し、自主・自立を支援するとともに、生きがいを高め…

ワークセンターすみれ

相談支援事業 クラムボン

地域定着の実施に当たっては、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営む事ができるよう、当該利用者との…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP