人生

心だけは若くありたい

 

 人間は年を取る生き物。ずっと若いままでいることはできず、一年ごとに身体が老いていく。

 年齢を重ねることによる衰えは年々顕著になっていく。二〇代なら感じることはほとんどないけど、三〇代ともなるとはっきりとわかってくる。身体の節々が若いころよりも傷みやすいのを、毎日のように感じるようになる。ちょっと無理をすれば、すぐに病院送りになる。

 記憶力の低下も始まる。学生時代はすぐに吸収できたことを、何回繰り返しても覚えられない。脳の老化が顕著になっていく。

 見た目もはっきりと変わる。赤ちゃんの頃はスベスベだった肌も、二〇代後半あたりから別人のように潤いを失っていく。三〇代になるとおっさん、おばさんになったことを隠すことはできない。

 どんなに年齢を重ねたとしても、一つだけ変わらないものがある。それは気力(心)だ。これだけはいくつになっても変わらない。生涯、不変でいられる唯一のものだ。

 80になったとしても、心だけは若くありたい。そうすることで、若者に負けないパワーを生み出すことに繋がるかもしれない。

 

文章:陰と陽

 

関連記事

  1. プロ棋士になるのは難しい
  2. 他人のためになることのできない、人間の特徴
  3. 一方的な対人関係を築く人が目立つ
  4. 乃木坂の詩
  5. こんな上司がいる職場は嫌だ!!
  6. 悪口ばかりをいう人
  7. 【恋愛関係コラム】「彼と彼女」悪いのはどっち?
  8. 前しか向かねえ

おすすめ記事

社会福祉法人キリスト者奉仕会 恵愛ワークセンター

事業所は、利用者と雇用契約を締結し、障害者に対し就労の機会の提供その他の便宜を適切かつ効果的に行うも…

就労継続支援 いぶき

事業所は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、障害者総合支援法に規定する者に…

大仙障がい者相談支援センターかしわ

1.利用者が可能な限りその地域において、利用者やその家族が希望する日常生活を営むことができるように配…

障害者就労支援施設 すみれ

農業の生産活動を通じ障害者が自立した日常生活及び社会生活が営めるようにするための訓練・指導・支援を行…

怖い話『かまくら』

東北地方出身の友人から聞いた話です。彼の町では毎年冬になると、か…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP